ここから本文です

チトーはどうやってユーゴスラビアをまとめていたのですか?

g19********さん

2014/5/2422:08:05

チトーはどうやってユーゴスラビアをまとめていたのですか?

閲覧数:
268
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

na_********さん

2014/5/2506:45:55

基本的に、南スラブ人の統合国家としてまとめていました。
ユーゴスラビアを構成していたのは、コソボのアルバニア人を除くと、全て南スラブ系の民族でした。
南スラブ人の統合国家として、国を運営することで、国の分裂を阻止しており、クロアチア人とかセルビア人とかではなく、国民全てがユーゴスラビア人として統合していました。
それができたのは、ユーゴスラビアが東西陣営の緩衝地帯として機能していたためでもあります。

しかしベルリンの壁崩壊後、東側陣営が崩壊すると、ユーゴスラビアの緩衝地帯としての必要性が無くなり、冷戦に勝利した西側陣営、特にドイツの草刈場となってしまいます。
そのドイツによる経済支配を歓迎するクロアチアと、反発するセルビアとの対立により、ユーゴスラビアは崩壊するのです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

miy********さん

2014/5/2508:26:21

絶えず外に敵が存在して、まとまらなければ生きていけないことを問いていたからです。まず、ナチスドイツと戦い、次にソビエトとの戦いです。本来のユーゴスラビアの歴史を踏まえています。

bir********さん

2014/5/2506:02:58

いまのウクライナのようにウクライナ人や
ロシア人やタタール人やイスラム教徒が、いて
、てんで民族主義を振り回して分離独立や
宗主国に併合を望むよう謀議したら
ロシアに占領されて奪取されたクリミアのように
、なってしまいます。いまのウクライナが
バラバラに、なりたくなければウクライナ系だの
ロシア系だのタタール系だのイスラム系だのという
民族感情を過激に、させず、分離独立などと
周辺の宗主国に介入させないよう団結し一致して
なければ国は、統一できません。
多民族国家で、多数派民族、優遇民族を 設定したり
民族差別、少数民族を抑圧していては
国の分裂を招いてアタリマエです。
今のチャイナでウイグルやチベットで反政府活動が
起きているのは、この2つ の少数派の民族が
多数派優遇民族の漢民族から差別と搾取を受けている
からです。
チトーはユーゴ連邦で多数派で優遇民族のセルビア系
でなかったそうです。しかし彼は、
セルビアを有利にして優遇する施行を抑え
少数派民族の不満を緩和しました。
しかしチトー死後、セルビア系のミロシェビッチ
大統領はユーゴ連邦の優勢民族はセルビア系で
、それ以外の諸民族はセルビアに屈服させる
施行を強硬に、やりアンチ・セルビア・デモに
軍隊を送って死傷者が多数でる衝突が起き、
ユーゴ連邦は分解が始まった。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる