ここから本文です

不作為違法確認訴訟のみの場合と、不作為違法確認訴訟プラス義務付け訴訟との併合...

kat********さん

2014/5/2923:41:38

不作為違法確認訴訟のみの場合と、不作為違法確認訴訟プラス義務付け訴訟との併合提起した場合との違いを具体例で教えてください。

閲覧数:
105
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ice********さん

2014/5/3023:22:13

質問の意図がよくわかりません。何の具体例を示してほしいのでしょうか?
訴訟要件ですか? 訴訟費用ですか? 仮に勝訴した場合の結果ですか?

とりあえず最後のものだと理解して答えます。

例として、生活保護申請に対して行政庁が何らの回答をしないケースを想定します。
不作為の違法確認だけですと、行政庁は「とにかく申請に対して応答をする処分をすればいい」のであって、別に申請を認める必要はありません。したがって、違法である判決をもらった後で保護申請を却下する処分をしても全く問題ありません。
義務付けが加わると、行政庁は「求められた処分をすべき旨を命じられる」こととなるため、行政庁は保護申請を認め、保護開始の決定をすべきこととなります。

質問した人からのコメント

2014/5/31 07:59:13

成功 言葉足らずでスイマセンでした!よくわかりました。
ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる