ここから本文です

教科書の一文なのですが

wak********さん

2014/6/218:51:49

教科書の一文なのですが

「オーバーローンは日本銀行が貸し出しに変わって手形・債権オペを重視したことにより
90年代半ばにほぼ解消した」

という文章なのですが民間金融機関が日銀に恒常的に
多額の資金を借りてることですよね

それが手形・債権オペでなぜ解消するんでしょう?
債権オペってインフレのときに市場からお金を回収するとかそういうことですよね?

それが、民間金融機関の日銀への借入依存の解消とどう関係するんでしょうか?

閲覧数:
155
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ric********さん

2014/6/309:26:45

日本は戦後、資本蓄積レベルも低く
金融オペレーションで使えるような
優良企業の手形や政府証券が十分あったわけではなかった。
国債だって、発行当初は
大手金融機関に「シ団」(シンジケート団)というのを
組ませて、半ば強制的に買い取らせており、
流通市場は存在していなかった。つまり、
国債は金利操作のためのオペレーションには使えなかったわけだし、
そもそも金融商品の流通市場自体が
非常に規模の小さいものとならざるを得なかった。

これは日本に限った話ではないんだけれど、
1929年の世界不況が世界経済を混乱させ、
それが政治的にはファシズムの台頭につながり
第二次世界大戦の遠因にもなった、というかなりはっきりした
政治的合意が世界各国にあって、
どの国も、金融産業は政府の厳しい管理下に置かれていた。
やり方は国によって個性があり、
アメリカのように、商券分離を中心とする業務分離を
法律により徹底させるやり方もあれば、
日本はどちらかというと、「はしの上げ下げにも口を出す」
といわれたほど、政府が金融機関を
直接コントロールするやり方が主だった。

そうした中で、日銀が金融機関の融資残高をコントロールするやり方は
当初は、「窓口規制」といわれるものが中心で、
市場に介入するのではなく、個別の金融機関に
直接信用割り当てを行ったり、
口頭に依る指導を行ったりすることが中心だった。

ところが、そんな状況の中で
民間部門で資金需要が活発化してくると
民間金融機関には資金調達をする手段が限られているから
ベースマネーを中央銀行に依存するよりほかない。
(だから、「窓口規制」に次ぐ金融操作の手段は「歩合操作」
といわれるものだった。)

80年代を通じて、こうした政府・中央銀行の管理・監督には
反発が強まったほか、
国債発行残高が70年代に急激に増加したため、
国債取引が自由化され、国内の金融市場の取引規模が
急拡大した。さらには80年代後半になると
為替取引自由化や
国際的な金融市場緩和の流れもあり、
窓口規制は、規制自体を廃止せざるを得なくなり
(もっとも、実際にはその後もずいぶん
有形無形の圧力があったようだが)、
さらに90年代後半になると
資金需要の急激な落ち込みもあって
インターバンクレートが急落し
もはや資金不足を日銀による新規借り入れに依存する必要性自体が
無くなった。
そのため、歩合政策も政策的な有効性を発揮できなくなった。
自然とオーバーローン・オーバーバロイングといわれる状態は
解消され、
日銀の政策手段も、窓口規制や歩合操作から
インターバンクレートのコントロールへと変化してゆくことになった。

だから、どっちが原因でどっちが結果、
というわけではないです。
世の中の広い流れの中で、
そういう方向へ向かった、という話。

質問した人からのコメント

2014/6/9 00:26:52

笑う めっちゃ詳しくありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2014/6/220:54:23

昨今 日本の国債がヤバいと言われますが 昔は比較的少なかった、のは良いですね
90年代の不景気で赤字債をバラまくという事は80年代あたりまで 国債は中々貴重でした
裏を返せば 日銀が国債購入による金融政策が出来ませんでした
だって皆持っていないから

じゃあ一般市民が銀行に「お金貸して」といいます
銀行は日銀に「貸し出すからお金頂戴」といいます
日銀は銀行に「じゃあ代わりに何かくれ」といった時に 売る資産がない
日銀は「じゃ貸しにしとくよ」というしかありません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる