ここから本文です

ガンダムのハサウェイは、結局クェスに好意を持っていたのか憎悪していたのかどっ...

mim********さん

2014/6/321:17:41

ガンダムのハサウェイは、結局クェスに好意を持っていたのか憎悪していたのかどっちだったのでしょう?
劇場版逆襲のシャアとベルトーチカチルドレンでは、
自分で殺したか、身を挺して庇われたか、と
クェスとの死別の

形が大いに違いますが、
閃光のハサウェイでは、ハサウェイは妄想の中でクェスに罵られては罵り返していました。
結局のところ、クェスとはハサウェイにとってどういう存在だったのでしょうか?

閲覧数:
553
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kai********さん

2014/6/513:01:16

好意を持った「好き」だったと思います。
クェスの方はシャアに惹かれていたので、ハサウェイに恋愛感情はなかったようですが・・・少なくとも劇場版でハサウェイを庇って戦死している辺り、大事には思っていたのでは。
クェスが好きだったからこそ、ハサウェイは、「閃光のハサウェイ」で夢に見るまで苦しんでいるわけですからね・・・。
ベルトーチカチルドレンのハサウェイも我を忘れてクェスを攻撃してますから、彼の本意ではなかったと思います。

質問した人からのコメント

2014/6/6 22:59:43

ハサウェイの純粋さが彼自身を不幸にしていったんでしょうね

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fre********さん

編集あり2014/6/322:00:06

映画版→ハサウェイはクェスを取り戻そうとして、ジェガンで何気に無断出撃。
クェスのα・アジールに纏わり付き、見事に「子供は嫌いだ!図々しいから~!」と言われる。
その時、使用価値の欠片も一つのない、リ・ガズィに乗ったチェーンがグレネードランチャーを撃っちゃった。それを見事にクェスが庇う。
アムロとの戦闘でやられていた首にストライクショットする。クェス死亡…。
そのクェスの死に超激昂し、「やっちゃいけなかったんだよ!!そんなんだから大人達は平気で地球だって壊せるんだ!」と、何か勝手にキレてビームライフル射ちまくって、チェーンを殺す。
(α・アジールを壊したのは、ハサウェイとなっており、チェーンが死んだことは、ハサウェイ以外気づいていなかったりする。)
小説版→同じくジェガンで出撃。クェスを止めようとする。シャアのナイチンゲールを落とそうとビームライフル乱射。クェスが庇う。ハサウェイが本当にクェスを殺す。
この事が機動戦士ガンダム閃光のハサウェイで、夢の中でクェスに罵倒されまくる。
こんなものです。
結局は、クェスが好きなのは大佐で
ハサウェイは、ギュネイよりマシとしか、考えていないのです。

jit********さん

2014/6/321:38:58

ん~…よく分からんが…多分…根本的に「可愛さ余って憎さ百倍」だったんじゃね?。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる