ここから本文です

共同相続人は遺産分割までの間は自己の相続分に相当する金銭を支払うよう請求する...

ari********さん

2014/6/620:41:06

共同相続人は遺産分割までの間は自己の相続分に相当する金銭を支払うよう請求することができないのに対して相続財産が金銭債権の場合は遺産分割協議成立前であっても、相続人の共有に属する訳で

はないのはなぜなのでしょうか?

閲覧数:
66
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ell********さん

2014/6/620:55:46

いやっ
金銭債権が法律上分割されるのは
金銭債権も一旦は共同相続人による
準共有状態になる事が前提です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zac18617さん

2014/6/622:27:16

被相続人の有していた金銭債権が可分なのであれば、共有状態にならずに分割されるというのが判例の考え方だからです。
不可分債権や動産、不動産等は、不可分であるために共有状態となります。

mnb********さん

2014/6/621:04:04

判例は、準共有とならないと言っていると思う。

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる