ここから本文です

ブルックナーの交響曲がすきです。中でも第8交響曲が好きです。壮大な造形美と旋...

やまとさん

2014/6/1721:49:42

ブルックナーの交響曲がすきです。中でも第8交響曲が好きです。壮大な造形美と旋律に至福を感じます。皆さまは第何番が好きですか。又理由も教えて下さい。

補足私はなかでも、第8番、第9番、第5番、第3番が気に入っています。ブルックナーは長くて退屈だという人もいますが、私にとっては至福の時間です。

閲覧数:
125
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rie********さん

2014/6/1722:54:43

私も、ブルックナーの交響曲は大好きです。

正直、初期のヘ短調から、最後の第9番まで、全部好きなのですが、特に好きな上位3曲と、その理由を書いてみますね。

第3位:交響曲第3番

「ワーグナー」という別名でも知られる作品で、確かにワーグナーの影響は非常に強いのですが、冒頭のトランペット・ソロなど、それまでのロマン派の交響曲にはあまり見られない要素がたくさんあります。また、特に第4楽章に言える事ですが、和声の大胆さが、聴いていて気持ちよいです。

交響曲第1番と同じかそれ以上に「破天荒」な作品だと思います。

第2位:交響曲第5番
正直、第9番も同率2位かな・・・と思っていますが、やはり、第5番を推したいと思います。
ブルックナーの交響曲の中で、最も宗教音楽に近いというか、典礼風の作品です。
スケルツォに関しては、第6番の方が個人的に好きですが、第1楽章の荘厳さ、第2楽章の悲壮感、そして、第4楽章の壮麗さは、筆舌につくしがたいものがあります。

第1位:交響曲第8番
冒頭から最後まで、とにかく、素晴らしい音楽の連続だと思います。
とにかく巨大で、長大な作品ですが、第4楽章のコーダが始まって、それまでの楽章の主題が全て統合されて、終結に向かって盛り上がってゆくあたり、「最後の最後に、すげー切り札を用意してるじゃないか・・・」と、何度聴いても圧倒されます。

  • 質問者

    やまとさん

    2014/6/1815:30:39

    ありがとうございます。ブルックナー愛好者は好きな交響曲も似てきますね。私もクナの第3交響曲の第四楽章には胸が躍ります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/6/22 16:47:54

回答を下さった3名の方ありがとうございました。今もブルックナーの金管が響いています!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

eig********さん

2014/6/1917:10:30

5番ですね!

峻厳な8番や9番に比して、開放的で、自然の息吹のようなものも感じます。

いわば、5番は美しい大自然の光景の中にいるような気分になれるのですが、8番や9番では、まるで宇宙空間に放り出されたような感覚になります!

nepalioceanさん

2014/6/1815:13:31

先行回答の方とモロかぶりですが、5番、8番、9番が好きです。

なかなかブルックナーの良さがわからなかったのですが、クナッパーツブッシュの8番のスタジオ盤のレコードを聴いて、一気にとりつかれたようにハマりました。あの独特の大きな呼吸感が、ブルックナーのスケールの大きさに合っているのでしょう。

そして、朝比奈隆さんと新日本フィルの5番と8番の生演奏に行って、さらに凄い感覚に教われました。
「これって音楽なのか!?」
もうメロディとか和声とか音色とかなにもかもなくなって、なにか巨大なエネルギーが目の前でゴゴゴゴゴーーーっと展開しているような凄さでした。そしてそのエネルギーに巻き込まれてしまうような至福感ですね。ああいう感動はブルックナーだけでした。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる