ここから本文です

いつも解答ありがとうございます ネットのボイラー整備士の問題は解答がないのでつ...

fighter4417さん

2014/6/1821:53:27

いつも解答ありがとうございます ネットのボイラー整備士の問題は解答がないのでつらいです 次の問題のこたえを教えてください 間違ってるのは何番ですか?

(1)自動給水調整装置を有するボイラー(貫流ボイラ
ーを除く。)には、原則として当該ボイラーごとに、
低水位燃料遮断装置を設けなければならない。
(2)燃焼安全装置は、作動用動力源が断たれている場
合及び復帰した場合に自動的に遮断が解除されるも
のであってはならない。
(3)ボイラーの使用条件により運転を緊急停止するこ
とが適さないボイラーでは、低水位燃料遮断装置に
代えて、低水位警報装置を設けることができる。
(4)燃料の性質又は燃焼装置の構造により、緊急遮断
が不可能なボイラーでは、低水位燃料遮断装置に代
えて、低水位警報装置を設けることができる。
(5)貫流ボイラーでは、自動給水調整装置を設けた場
合は、低水位燃料遮断装置に代えて、低水位警報装
置を設けることができる。

この質問は、tanaka_naoya_jwさんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
543
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tanaka_naoya_jwさん

リクエストマッチ

2014/6/1901:22:23

総合ビル管理会社の社員です。
1級ボイラー技士、ボイラー整備士の有資格者です。

たぶん(5)です。
「自動給水調整装置を有する蒸気ボイラー(貫流ボイラーを除く)には、当該ボイラーごとに、低水位燃料遮断装置を設けなければならない。
貫流ボイラーには、当該ボイラーごとに、起動時にボイラー水が不足した場合に、自動的に燃料の供給を遮断する装置又はこれに代わる安全装置を設けなければならない。」
とありますので、低水位燃料遮断装置に代えて、低水位警報装置を設けることができる旨の規定はありません。

北海道のボイラー整備士試験は、6月17日に終わったのではありませんか?

質問した人からのコメント

2014/6/19 19:12:31

ありがとうございます 8月に出張試験あるのでそれを受けます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。