ここから本文です

イギリスは世界の工場と呼ばれる様になってから第一次世界大戦までの間に、おもに...

zyu********さん

2014/6/1901:17:24

イギリスは世界の工場と呼ばれる様になってから第一次世界大戦までの間に、おもにドイツやアメリカにその地位を追い抜かれ奪われた。
と教科書に載っていたのですが、ではイギリスはその世界の

工場という地位を保つために、何か対策などは行ったのでしょうか?

閲覧数:
97
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

alk********さん

2014/6/1902:09:23

保護貿易と新帝国主義です。

外国の安い商品を入れずに自国の産業を保護し、また、自国の製品を売りつけるための植民地を求めました。

日本になじみの深い部分としてはアヘン戦争やアロー戦争は少し早いですがイギリスが自国の製品を中国に売りつけたいが為に行われたと言うのは有名です。

産業革命後の世界はその競争の為に植民地でのプランテーション化による搾取の拡大、奴隷貿易等現在に至るまで様々な悪影響を途上国にもたらす行為を行いました。教科書にはあまり取り上げられる事は無いですが、原料を安価に調達する為、製品を売りさばく為に植民地や奴隷を利用したのです。イギリスは多くの植民地を持っていましたのでフランスよりも有利に事を進められました。

質問した人からのコメント

2014/6/19 13:35:48

成る程!ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

abe********さん

2014/6/1904:03:35

日本と基本的パターンは全く同じですよ。 地方の田舎から工業労働者を都会に入れ、その枯渇と同時に英工業は衰退。 当時はロボットなど無く労働集約産業で人手を多く要しましたからね。労働者の供給は細り物価が高くなったら、待ってましたと周辺国、特にドイツやアメリカが持って行きましたね。英の産業空洞化の始まりです。

蒸気機関車が発明されてからは、ヨーロッパのあちこちから食糧は集められ、おかげでアルゼンチンからの食品輸送の船便は先細り。そうやってアルゼンチンは衰退していったんですね。 アルゼンチンだって工業化やればよかたって? 人材いません。 販路は船便でヨーロッパだと輸送費割高。 アルゼンチン周辺国は工業製品買えるほど豊かでなかったし。

って訳で英は産業空洞化を指を咥えて見てるしかなかったですね。ネッ、日本と同じでしょう。

それからですかねイギリス病が始まったのは。いわゆる経済停滞が15年ぐらい続いたのかな。国は荒廃、犯罪激増。 そこに鉄の女サッチャーが現れて英の福利厚生をバサバサ切って行きましたね。 「ゆりかごから墓場まで安心」の英は吹き飛びましたね。
今でも英の福利厚生は日本より悪いはずですよ。盲腸になってもオペは1年後とか。例え話ですよ。

遅れること20年ぐらい経って日本も日本病が始まって、失われた20年とか言ってるでしょう。タイムラグはありますが英と同じです。

英は工業化を捨て金融業にかなり活路を見出しましたね。 就労人口では金融業のが多いですよ。 誰が英に金融頼むかっては、オイルマネーですよ。預かって運用して増やして返すのが金融業の一側面で、預かった金を貸して色んな産業を育てるのも金融業の別な一面。 こんな綺麗ごとばかしでなかったですがね。脱税う回路などもやりましたね。 イギリスは海洋国だったので、カリブ海にタックスへブン国を幾つか持ってましたからね。

残念、日本は英国の真似は100%出来ませんよ。せめてアジアで金貸し対象のお客に囲い込んで利ザヤを稼ぐんですね。

日本は基本的には工業化を捨てられませんね。金融では十分食えないので。カジノだなんてほざいても腹は満たせません。

思うんだよね。 労働集約産業はもうだめだから、何で知的集約産業をもっと育てなかったんだって。 子供に理科離れおこされて逆行してたのになぜ放置してたんだって。
科学された産業はもう日本はムリですね。たとえば、デジタル機器やソフトウエアかな。 錬金術的産業、科学でなくて化学では日本の先行優位性から例えばリチウムイオン電池の後世材料ではほぼ日本製ですよ。液晶破面の液晶やフィルターやガラスの半分はほぼ日本製ですよ。カーボン繊維、水素電池、空気電池、メカトロニクス(ロボットですね、淡水化フィルター・・・・、ほらほら科学科出来ていない産業では日本は抜群ですよ。 でも、薬はダメですね。臨床や認可する役人が絡むとガクンと日本は勢いを失いますね。
ああ、電力を家庭まで自由化いいですね。思いもよらない発電方式を考える者が出てくるかもしれませんね。

英国も金融だけでは伸びはたかが知れているので、科学で戻ろうとしてますね。空白があるから化学はムリかな。
科学で冴えた企業がちらほら出てきてますよ。

ehe********さん

2014/6/1903:40:33

単純に産業内用の変化です。
イギリスが世界の工場と呼ばれていた時、紡績の高効率生産による方法を編み出したためです。
いわゆる産業革命。
そして交易と植民地政策。

その後次第に鉄鋼業などの重工業がメインとなるに従いドイツやアメリカにシフトして行ったんです。
それでも世界中に交易地と植民地を持ち、それを維持する為の強大な海軍力を維持した事も長く世界の中心と言われた理由でしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる