ここから本文です

こんにちは。辰野でホタルのガイドボランティアをしている者です。 (今はシー...

yamada_de_netさん

2014/7/1509:44:15

こんにちは。辰野でホタルのガイドボランティアをしている者です。

(今はシーズンオフなので、ただの一般市民ですが)

先日は、大変失礼な回答をしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

「辰野の外来ホタルは駆除対象だ」という言葉を目にして、

「そんなことしたら、辰野には何も残らないじゃないか!」と思い、

つい感情的になってしまったのですが、ネットで調べたところ、

辰野町東部の山間地域には在来ホタルがいるんですね!

http://www.ab.auone-net.jp/~biology/Konota.htm

これは、ガイドボランティアをしていながら、全くもって

わたくしの勉強不足でありました。

そういうことなら、辰野町は在来ホタルを保護する必要がありますね。

ただ、具体的にはどうやって保護すればいいのでしょう?

迂闊に人が手を加えるより、山岳地域に生息している状態を

そのままにしておいた方が良い気もします。どう思われますか?

この質問は、satoyamagreenさんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
298
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tanto1326さん

2014/7/1512:30:52

もちろん保護(というか、環境の保護)は必要だと思います。具体的な方法は専門家ではありませんからわかりませんが、在来種の保護と同時に松尾峡に生息する国内外来種の拡散の歯止めをどうするかも大切だと思います。仮に在来種を養殖、放虫をおこなっても、今までの経緯から在来種は外来種には負けてしまうと思います(遺伝子解析の結果、交雑は起こらず、外来種のみ生息域を広げ在来種は淘汰されているようですから)。ま、松尾峡のゲンジボタルを駆除というのも良くないと思います。50年以上その土地に生息し続けている昆虫ですから、すでに生態系の一翼を担っています。松尾峡のゲンジボタルはこれ以上拡散しないように、この土地だけで生息できるように保護してけたら一番ではないでしょうか。また、在来種が生息する地域は、無理やり新しい蛍鑑賞スポットにはせず、そのままの環境を維持してほしいです。

  • 質問者

    yamada_de_netさん

    2014/07/1522:19:29

    tanto1326さんのご意見に賛成です。
    ただ、現時点で外来ホタルが拡散する心配はないと思います。
    松尾峡のホタルは、その場所でしか生きていけないし、
    公園外にホタルを持ち出すことは禁止されています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/7/21 20:31:51

ご解答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2014/7/1517:47:15

割り込ませて下さい。ただし,一般の方にとっては,極めて厳しいと感じることを言いますが,しかし,悪意があってのことではありませんのであしからず…

蛍の保護で,一番重要なことは,環境整備等も大切ですが,ホタルを見る人を無くすことです。ホタルは,何故光るかと言いますと,繁殖行動の一環で光るわけです。そこに人工的な光がありますと,繁殖率が低下します。どんなに環境整備しましても,人間が見る行為が,ホタルを絶滅の淵に追いやっているのです。

人間が,観察してもかまいませんが,完全暗黒での観察です。生物屋は,完全暗黒であろうと,ホタルを見たい欲求が勝りますからそれでも観察に生きますが,一般の方は危険ですから観察すべきではないですね。近くに駐車場があってはなりません。街灯があってはなりません。懐中電灯なぞもってのほかです。

そのような状況が,だんだん理解されてきますと,現在,本当にホタルを保護したい地域は,一般には公表しなくなりました。辰野町の現状は,大変失礼ですが,レベルが高いとは思われないと思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。