ここから本文です

中飛飛車左穴熊のメリットとデメリットはなんですか?

gui********さん

2014/7/1618:17:55

中飛飛車左穴熊のメリットとデメリットはなんですか?

閲覧数:
1,041
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kzk********さん

2014/7/1701:28:27

メリットはやはり「安全に」穴熊に組みやすいことではないでしょうか.
対振り飛車に居飛車穴熊という戦法は優秀ですが,しかし現在は振り飛車側から動いて,簡単に穴熊には組ませないという指し方をすることが多く,穴熊に組ませてもらえないことが多いです.
しかし中飛車左穴熊ならば穴熊に安全に組めるというのが大きなメリットとなっています.

デメリットらしいデメリットは今のところまだ未解明ではないでしょうか.
プロで指され始めて間もない戦法ですし,まだまだ定跡も進歩していません.
知人の石田党は「普通に対居飛穴で悪くならないんだから対左穴熊も悪くないはずだ 」「今はまだ石田党が慣れていないだけ」と言っていますし,そうなるかどうかは今後の進歩次第ですね.

質問した人からのコメント

2014/7/22 19:26:07

回答ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

goo********さん

2014/7/1619:40:41

従来 初手5六歩から始まる先手中飛車は、必ず中飛車に出来るが相振り(三間飛車)にされて損(攻めている場所が相手と比べて遠い)とされていました。

中飛車側が左に囲うことで 中飛車側が相手玉の近い場所を攻める型を作れる(前述の不利が逆転)。これがあるので相手が相振りにしづらくなります。これが主なメリット。

デメリットらしいデメリットは現状はないと思うけど、積極的に選べる戦法でないのと定跡が確立しているとは言い難いので、そのあたりをどう考えるかです。

今期のA級順位戦の久保九段vs佐藤九段

http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmds=display&kid=79846

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる