ここから本文です

ジョージ・フォアマンはヘビー級史上最強のハードパンチャーとか言われているけど...

tom********さん

2014/7/2401:58:58

ジョージ・フォアマンはヘビー級史上最強のハードパンチャーとか言われているけど、鮮やかに倒した歴史的強豪はフレージャーくらいで、ビビっていたノートン以外では自分と同じかやや大きい相手

にはそんなに簡単にはKOしてないですよね?

チャンピオンに復帰した相手もライトヘビー上がりの小柄なモーラーを倒しただけで、スピード不足で試合内容は苦戦してるし、
そのわりにはフォアマンは異常にハードパンチャーと持ち上げられ過ぎている気がしますが、やや過大評価のチャンピオンだと思いませんか?

閲覧数:
5,678
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

len********さん

2014/7/2422:28:41

タイソンはスピードとパンチのキレ、フォアマンはパンチの重さだと思います。
’洗濯女’と言われた、大きなスイングで横から相手のアゴの中心に打ち込む左フックは強烈でした。
フォアマンの試合を見ると、手でブロックしている上からでもかまわず相手にパンチを見舞い、相手が相当嫌がっているのが見受けられます。これは他のボクサーではあまり見られないことです。
タイソンはスピードによるパンチが見えない恐怖、フォアマンはある程度パンチが見えていても、その重さによる恐怖が対戦者にあったと思います。
極端な例えになりますが、タイソンはライフルで打たれる恐怖、フォアマンは木の丸太でぶん殴られる恐怖のように感じます。
いずれにしろ、ゴングと同時に対戦者が負けを覚悟したようなそぶりを見せたのは、タイソンとフォアマンだけではないでしょうか。

質問した人からのコメント

2014/7/30 19:36:38

皆さん回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

wam********さん

2014/7/2715:10:03

タイソンも対戦相手をみんなKOできたわけじゃないし、リストン、マルシアノ、ジョー・ルイス、スモーキン・ジョー、ジャック・デンプシー、アーニー・シェーバースといった、ヘビー級史に名前を刻む名だたる強打者、豪打者たちも同様です。

エピソードには事欠かないフォアマンですが、とりわけ目を引くのが、ボクシングを始めてから2年足らずでオリンピック・チャンピオンになっている点で、旧ソ連・東欧のトップ選手をストップして圧倒した。パワーが桁外れに凄かっただけでなく、手足のスピードもけっして遅くはなかった。技術の習得も早かったのは間違いない。

私もどちらかと言うと、過小評価の傾向が強いと感じています。アリに負けた後は神通力を失い、精神面の脆さを露呈するようになった。

”鈍重”の印象が強過ぎるのは、10年のブランクを経てカムバックした後の、丸々と肥えた体でノッシノッシと歩きながら前に出て行く姿が影響している。

アメリカの識者や専門記者、マニアたちの間では、”最高のパンチャー”というとジョー・ルイスのイメージが強い。ソニー・リストンとマルシアノ、シェーバースらがそれに続き、黎明期の伝説的拳豪では、やはりデンプシーの名前が挙がる。

現在のS・ミドル級にあたるウェイトで、ミドルに続いてL・ヘビーとヘビーを制したボブ・フィッシモンズと、ウェルター~ミドルのサイズでヘビー級と戦ったサム・ラングフォードを高く位置づける人たちも少なくありません。

心身のタフネスで知られたスモーキン・ジョー・フレイジャーは、11年間のプロキャリアで4敗していますが、負けた相手はアリとフォアマンの2人だけです。
*対アリ:3戦1勝2敗、対フォアマン:2戦2敗(いずれもKO負け)

アリとの第3戦(スリラ・イン・マニラ)でTKO負けしていますが、エディ・ファッチの説得による棄権であり、本当にKOされたのはフォアマンだけでした。


◎修業時代のフォアマンの試合映像
①ルイス・ピレス戦(71/10/29 26戦目/22歳/215lb) : youtube.com/watch?v=zUZhuRdp8p4
②ブーン・カークマン戦(70/11/18 18戦目/21歳/216lb) : youtube.com/watch?v=zk3Y-JlMa0c
③ジョージ・シュバロ戦(70/8/4 16戦目/21歳/218lb : youtube.com/watch?v=naUC9jQLytw
④グレゴリオ・ペラルタ第1戦(70/2/16 10戦目/21歳/213lb) : youtube.com/watch?v=OKmbCC59Ghs
⑤ボブ・ヘーゼルトン戦(69/12/6 プロ5戦目/20歳/214lb) : .youtube.com/watch?v=NOVM9DiY4KA

◎アマチュア時代
①イオナス・チェプリス(ソ連)戦(メキシコ五輪決勝) : youtube.com/watch?v=p5S-rX813us
②アルバート・ウィルソン戦(五輪トライアル) : youtube.com/watch?v=aiT2ljAxxx8

メキシコ五輪決勝の映像(当時19歳)は、フォアマンへの印象を大きく変えるかもしれません。好き嫌いは別にして、ビッグ・ジョージの身体能力の高さがよくわかります。


◎試合映像:王座獲得~1度目の引退まで
①ジミー・ヤング戦(77/3/17 47戦目/28歳/229lb) : youtube.com/watch?v=u5ATJdvmM6o
②フレイジャー第2戦(76/6/25 43戦目/27歳/224lb) : youtube.com/watch?v=1u5YyzzInHU
③ロン・ライル戦(76/1/24 42戦目/27歳/226lb) : youtube.com/watch?v=l8AVcEyyMco
④モハメッド・アリ戦(74/10/30 41戦目/25歳/220lb) : youtube.com/watch?v=tOepOYzX_yw
⑤ケン・ノートン戦(74/3/26 40戦目/25歳/224.75lb) : youtube.com/watch?v=12OFNnJ10Wc
⑥ホセ・ローマン戦(73/9/1 39戦目/24歳/219.25lb) : youtube.com/watch?v=gAxMLF3B4hM
⑦フレイジャー第1戦(73/1/22 38戦目/24歳/217.5lb) : youtube.com/watch?v=vz3tPjLhw2U

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

kic********さん

2014/7/2709:10:18

「弱いパンチだからフレイジャーは何度も立ち上がれた」と書いてるanjoesel。

こいつは訳のわからない返信しかしない、この質問者同様、阿呆そのものやwwww

アチコチで阿呆な質問、回答を繰り返しているキチガイw


タイソンはフレイジャーほどメンタルで強いヤツに一度も勝ってないだろうが???www

ホリーフィールドには2度負けてるしw


モーラーに勝ったのは45歳の時だろ?

ライトヘビー上がりであっても、ヘビーで10戦以上してる相手にスピード不足で苦戦してもおかしくないやろ?w

頭大丈夫か、おまえ?

wwwww


ありに負けてマスコミや世間にぼろ糞に言われPTSDになった。

その後、牧師になったりして黒人の不良少年たちの更生に尽力したんだから、それなりのストーリー持ってるんだよw


誰もオールタイムランキングトップ3に入れてないんだから、別にいいんじゃねえの?w

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2014/7/2421:23:01

斬れ味に欠けているため、パンチのダメージが点のまま貫通せず分散されて逃げてしまうのでしょう。

だから何度も立ち上がってこれる程度のダメージしか与えられないのです。

タイソンやドノバン・ラドックらの拳が一発で相手にテンカウントを聴かせることができるのは、重さだけでなく、パワーを逃がさない斬れがあるからだと思います。

ent********さん

編集あり2014/7/2420:05:43

五輪金メダリストのフォアマンですが、気弱いところがあった。世界挑戦半年前までは、自信をつけさせるため、トレーナー陣はかなり弱い噛ませ犬との試合を積み重ねKOの山を築いて自信をつけさせました。(ウェルターのバーンズも同じ「フォアマン方式」と呼ばれたやり方で自信をつけ抜群のKO率をつくりました)まあ、このあたりはタイソンと比べると落ちます。

ただフレージャーを6度倒しKOで王座獲得した試合はあまりにも衝撃的でした。記憶だと東京での初防衛戦はローマンという9位か10位の白人で、1RでKO。あまりの迫力に日本のスポーツ新聞は象を倒すパンチ、とかきました。

その前の年だったか、やはり日本で無冠のアリが体重95kgでリングに上がり、5位か6位の選手(マックフォスター)と10回戦を行いKOできなかったこともあり、日本でのフォアマン株は上がりましたね。
当時のパンチ力計測器でフォアマンのストレートが220kg、アリが198~200kg、具志堅が118~128kgでした。タイソンとはタイプが違いますが、歴代トップの重いパンチでしたよ。アリvsフォアマンでは、アリが防御というより「後ろダッシュ」で数メートル後ろに飛んで避けてましたからね(1~3R)。それとフォアマンの直線で追いかけるスピードはタイソンより凄いですよ。

nbq********さん

2014/7/2416:04:54

普通に打てばフォアマンと聞いたことがありますが、本当のハードパンチャーは体重移動が上手い選手だとも聞いたことがあります、体重移動どの角度から打っても倒せる、例えばタイソンとか、思い切って振りかぶって打つんだったら誰がパンチ力あるのかは不明です、まず当たりません、右ストレートだけならレノックスルイスとか、やはり素早く体重移動ができてスピードパワーを兼ね備えどのパンチでも倒せる選手ではないでしょうか?タイソンとか

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる