ここから本文です

これは強くなる

sch********さん

2014/7/2714:34:14

これは強くなる

レアル・マドリードはドイツ代表のトニ・クロースとコロンビア代表のハメス・ロドリゲスとコスタリカ代表のケイラー・ナバスを獲得した事によって途轍もないチームに大化けするのではないでしょうか?

閲覧数:
309
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ツチダさん

2014/7/2718:37:48

クロースは最高の補強でしたね。すでにワールドクラスの領域に達し、若く、とんでもない安値での獲得。

昨季最高のバランスを見出した4-3-3のインサイドハーフこそ最も彼が活きるポジションであり、ディマリア、クロース、モドリッチの3人でインサイドハーフ2枠を超高品質のローテーションが実現できます。

ただハメスは、W杯での活躍(特に得点に関して)はファルカオがいなかったことも大きく、まだ大成するかも疑いが残る選手。
そもそもがディマリアよりも格下の選手。攻守両面におけるプレゼンスも遠く及ばない。

また昨季成功を収めた4-3-3に居場所はなく、ダブルボランチでは持ち味半減のモドリッチ、クロースが中盤の中心であることからも、彼の起用はかなりチームバランスを崩すことになるでしょう。

ウィングやインサイドハーフでもいけるのでは?と思う方もいるでしょうが、サッカーゲームでないと不可能ですね。ことマドリーに関しては。

マドリディスタではありますが、獲得にかかった金額や戦術面を考慮してもここ数年で最悪の補強だと思いますよ。

まだ正式発表はまだですし、ナバスはどちらにせよ控えで、Dロペスの移籍先が決まらなければ移籍は無いでしょうね。
それに、GKの短期トーナメントの活躍ってフリックのパターンが非常に多いんで地元のマドリディスタ達も大きな期待は抱いてないでしょうね。

質問した人からのコメント

2014/7/27 21:35:43

ハメスについては過小評価しすぎではないでしょうか?
彼は違うチームに順応が出来ない様な並の選手ではないでしょうし若さ故に伸び代も大きいでしょう。
それにレアルの方も補強しておきながら前のシーズンと同じ戦術やフォーメーションで臨むなんて有り得ないでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

che********さん

2014/7/2718:18:20

どうでしょうね、大事なのはそれらの新加入選手それぞれが全力を出し切れるかということです。要するにうまく歯車が噛み合えばもちろん強いチームになるし連携面で難がでたりすればそうでもないんじゃないでしょうか?大事なのは早くお互いの動きやプレースタイルを理解し、個々それぞれが全力をだしきることです

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる