ここから本文です

夏の昼間なのにナブラが頻繁に立っている漁港があります。 そのナブラ目掛けて...

toshichan-manさん

2014/7/2819:43:01

夏の昼間なのにナブラが頻繁に立っている漁港があります。

そのナブラ目掛けてルアーを投げても掛かりませんでした。

ルアーが大きすぎた(ナブラっている小魚は足下にも居て小さな魚です)と反省しています。

しかし、足下にもナブラっている小魚(イワシ??)がいますから、その小魚を小さな鍼で釣って泳がせ釣りをしようとも考えています。

メタルジグを今度は投げようとも考えています(メタルジグは小さいですから)。

ナブラっている小魚(イワシ??)でウキ釣りするか、ぶっ込み形式で底に落とすか、思案しています。

チヌかスズキかハタ(?)かヒラメ(?)かがナブラっている小魚(イワシ??)を追っていると考えます。

でも、昼間にハタ(?)かヒラメ(?)かが海面まで上がって捕食行動を起こすか(?)という疑問があります。

……
良きアドバイス宜しくお願いします。

閲覧数:
2,721
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ten********さん

2014/8/312:16:27

おそらくそれはナブラではなくてボイルではないでしょうか?

ナブラは大量の魚が水面でバシャバシャ小魚を捕食しますが、ボイルは単発でバシャ、バシャと捕食するものです。

魚の選択肢に青物が含まれていないのでそう感じました。

もしボイルなら、小魚を釣ったウキ釣りが一番釣れる確率が高いと思います。
水面で捕食しているならその魚を釣るにはウキ釣りで十分です。
小魚の種類が分からないけど、ウキ釣りはブッコミより負荷が少ないので、エサが格段に長持ちします。
すぐ死ぬと言われているサバ子でもウキ釣りなら1時間近く持ちますよ。

まずはバシャバシャやっている魚の正体を確かめてから、底にいるかもしれないヒラメ、クエ等を狙ったほうが良いかと私は思います。

質問した人からのコメント

2014/8/4 13:27:52

降参 ありがとうございました!

他の方も、ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

コータさん

2014/7/3101:01:41

ナブラの中でボイルやバイトがなければ青物やシーバスは追ってないかもしれませんが、私からすれば羨ましい話です。頻繁にナブラが立っているのであれば、間違いなくヒラメは港内に入ってきてるかと。ただ、仕留めるためにはコツが要ります。まず、サビキ釣りでそいつらを数匹釣って下さい。そしてブクで元気に活かしておく。サビキはメインではないので、活き餌を確保したら小魚が散らない程度に定期的にコマセをパッと撒いて常に寄せておく。そこで活き餌を使うのですが、私の場合、エギングロッドでサビキのすぐ先や周囲にチョイっと活き餌をつけたぶっこみ仕掛けを投げておきます。これが一番釣れます。すぐにあたりが無くても、生きてる限りは放置。投げてから1時間後に来ることもありますから。ヒラメはサビキに寄った魚を捕食してることが多く、以外と目の前まで寄ってきてるんですよ。エサですが、豆アジが1番釣れてますね。イワシなどは弱りやすくすぐに死んでしまいますから。面白いのは、50cm以上のヒラメでも豆アジの方が食いが良かったことです。20cm前後のアジのほうがタフだし大物釣れそうですが、私の実績では豆アジですねぇ。エギングロッドもちゃんと理由があって、食い込ませやすく合わせで失敗することが少ないんです。バラさないコツはドラグをゆるゆるにして、食い始めても数分は放置(明らかに乗ってるときは別として) 合わせるときもバッと引いてはダメです。チョーゆっくり引いて聞き合わせし、テンションが十分かかっていることが確認できたら、ドラグをちょっと締めてゆっくり竿を煽る。そこで乗ればぐぐっと引き込みますから、テンション緩めず取り込む。大事なのはハリスを最低でも5号にしておくこと。堤防からの取り込みだと、浮かせてからタモを入れたときにヒラメが暴れてハリス切れを起こすことがあるからです。やつらは捕食時に底から2〜3m一気に上がるくらいジャンプ力が強いので、水面で暴れたときのトルクは想像以上です。それでバラしたことも数回あります(^^;;
是非やってみてください。

wさん

2014/7/3010:02:54

この時期なら青物では?

jhd********さん

2014/7/2820:20:37

ナブラが立っても必ず釣れるわけではありません。すでにルアーにスレていたりシラスがベイトな場合はほぼ釣れません。ナブラ打ちは前の回答者が言っているようにど真ん中に投げてはいけません。基本はナブラの脇に投げます。さらにルアーのアクションは不要です。ただナブラの下をジグならただ巻でいいのです。無駄にアクションを入れると散ってしまいます。ジグ以外にもトップウォータールアーは有効な手ですよ。ナブラの下にいるのは青物やシーバスの可能性が高いと思います。
ヒラメやハタではナブラは起きませんが、ヒラメの場合単発で活性のいい時にライズしたり、サビキなどで鯵を釣っているときにしたから食いあげてくることがあります。ちなみに泳がせは効率悪いですのでやめといたほうが・・・。

bockyさん

編集あり2014/7/2820:26:46

イワシぐらいの小魚がエサなら、メタルジグやトッププラグなどで普通に対応できます。
泳がせはナブラ撃ちではかえって効率悪いです。ジグサビキや弓角の方がまだ良いですね。

あと、ナブラのど真ん中にルアーを投げ込んでいませんか?
魚を散らさないよう、ナブラの脇か少し手前にルアーを投げるのがセオリーです。
ナブラの渦中にいる魚は興奮状態ですから、届きさえすればメタルジグでなくとも普通に釣れることが多いです。15cmのミノーでも、30cmぐらいのフクラゲ(イナダ)が普通に食ってきます。

もしシラスだとガン無視されることもあり、非常に難しいことがあります。
ナブラは十中八九、青物やシーバスでしょうね。
単発のライズならヒラメ・マゴチも水面に出てくることはあります。

pom********さん

2014/7/2819:55:36

まずはベイトが何かを確かめる必要があります。本当にイワシなら 同サイズのミノーなんかで食ってくる可能性があります。シラスベイトでは まず何をやっても釣れません。あと、ヒラメや ハタ系統が水面まで来て捕食することはありません。ナブラを見つけたからと言ってナブラ打ちをしても必ずしも釣れるとは限りません。メタルジグも 多分ナブラの動きと違うので食う確立は少ないです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる