ここから本文です

結局明治政府ってテロリストの塊

kar********さん

2007/11/119:54:01

結局明治政府ってテロリストの塊

幕末維新って新しくもなんでもなく、結局幕府が「テロとの戦いに屈した」わけですよね。

だって、鳥羽伏見の戦いの開戦理由は薩摩が江戸で盗賊やら火付けやらやりまくって、それに怒った幕府側が攻撃したから「じゃあうちらも攻撃しまーす」見たいな感じで戦いになったんだもんね。

もう最悪だよね。桜田門外の変とか。変なのはテロリストたちの顔もだろって感じ。

で、そのテロリスト達が開いた国。

その後、「植民地にならないために」戦争をしまくりました。結構勝ちました。調子に乗ってしまいました。所詮テロリストですから。
植民地になりたくないので隣の国を植民地にしました。そのとなりにも植民地作りました。
今度は下に向かって植民地広げようと思いました。正直植民地楽しくなってきちゃいました。

併合だ共栄圏だいって、結局外国から見れば立派な「植民地」なので重箱の隅をつつくような批判は必要としません。

最後は調子のるなって言われて戦いになりました。
結局負けました。哀れ植民地になりました。(笑)


はい。これで今日に至っているわけですよ。お分かりですか?

これを、四字熟語で言えといわれたら、「本末転倒」といいます。


そんな事を引き起こした方々を、いまだに「英雄」と日本人は言っています。

どうなんですか?

コレと同じ事やったら外国でも「英雄」なんですか?
国を思ってたら人殺して火つけて人を騙して女遊びして地元贔屓して戦争やって間接的にでも自分の国を植民地にさせてもいいんですか?それでも英雄と呼ばれて銅像が出来るんですか?

誰か教えてください。

補足そう考えると近世史は「カッコイイ奴」がいないな。みんなアンフェアなブサメンのクソばっかり。
で、そういう奴らを利益だけで讃えるクソ共ばっかり。
ただ、そのクソタマナシルメイという奴が伊藤らと違うのは、自分の国は滅ぼしていないことか。いや、本質は同じだ。前言撤回

閲覧数:
3,718
回答数:
7
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

roc********さん

2007/11/222:07:00

やはり美輪様の名の下に動くことがこの世の理かと。

現代の人間は自分たちで考えて動けるほど自立していません

小さな親切大きなお世話まさに慎平です

質問した人からのコメント

2007/11/3 17:36:49

やっぱり君が代とかスーパー千葉県歌レベルの曲を国歌にするような奴らだから埼玉県民と同等なんでしょうな。

っつうかマジでフランス革命と一緒にするなといいたい。
そして美輪様バンザイ

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

izu********さん

2007/11/218:59:55

明治維新をどうとらえるか、は様々な説があって良いと思います。

しかし、欧米の市民革命と同等に扱う人が多いのは謎ですね。

明治維新は、武士階級が武士階級政府を倒し政権を奪った、いわばクーデターと、それに附随する戦争です。虐げられた民衆が為政者を打ち倒し、己の権利を勝ち取った市民革命とは違います。

にもかかわらず、学校でも、市民革命のような崇高なものだ、と教えられました。

もちろん、国家の近代化には大きく貢献したでしょう。しかし、支配者が、徳川側の武士から薩長側の武士に交代しただけで、一般市民の権利は制限され、一部では虐げられ続けました。どうみても、市民革命ではありません。

まぁ、欧米の市民革命すべてが崇高なものでもありませんが・・・。

ttt********さん

2007/11/213:54:07

では徳川幕府に政府としての正当性がどこまであったのか?
征夷大将軍による封建制政権に全国を統治する正当性はあるのか?
天領からのみの収入で日本全体の外交・防衛を賄う幕府政治にに無理はなかったのか?
そもそも政府の正当性は何によって担保されるものなのか?
質問者はそういう根元的なことを考えたことはないのでしょうか?

明治維新も、キューバ革命も、アメリカ独立も、ソビエト連邦樹立も、
極論すればテロリスト(反政府の立場に立つ人間)による革命行動であり、
それが正当化されるかどうかは100年後のの歴史家でも判断が分かれる。
質問者はテロリスト=悪と捉える狭窄的な視野しか持っていないようですね。

また、「人殺して火つけて人を騙して女遊びして地元贔屓して戦争やって」と
非難されていますが、そういう倫理観が確立されたのはごく最近のことで、
幕末には国益のためならある程度許されるという倫理観が世間一般だったと思います。

明治の元勲が称えられるのは、利益だけではないと思います。

ham********さん

2007/11/210:13:31

賛同はしかねますが、否定ましません。

ただ、テロだろうがなんだろうが、国政を握ることが出来れば正義ですよ。
勝てば官軍ですからね。
日本だけでなく、中国もそうですし、他の世界の歴史を見れば明白でしょう。

そういえば、お隣の韓国だけは革命といって起こした独立テロはことごとく失敗してますね。
あと政権の樹立を独力でやった例は少ないですね。
大抵、中国、日本、アメリカといった国の介添えで政権を樹立している印象があります。

scu********さん

編集あり2007/11/222:13:30

他の意見は存じませんが、明治新政府から太平洋戦争への歴史認識は「おおむね同感」です。
結局の所、「目的は手段を正当化しない」為に、不当な手段で成立させた政府なので、どこかがいびつになるのでしょう。
※「自称維新の志士」の行った目的のためには洛中の放火、暗殺、誘拐(蛤御門の変)もいとわない姿勢は、まさに「テロリストの論理」です。テロリストというのは何も「革命を起こすこと」でそういわれるわけではありません。ある意味で無関係な市民をも攻撃対象に含め「恐怖(TERROR)によって自らの主張を押し通そうとすることが、テロ行為」です。その意味では「間違いなく薩長連合はテロリスト」なのです。キューバ革命、アメリカの独立戦争、ロシア革命はテロではありません(ただし、その後のスターリン支配はテロ行為です)。
まず「テロリスト、テロ行為」について知っていないと議論が成立しないかもしれませんね。

少なくとも徳川幕府は「偽勅」によって成立したわけではない(また、民草を攻撃対象としたこともありません)ので、偽勅によって成立しえたとも言える明治政府よりは正当性があると思います。また、その後の歴史も「勝てば官軍」といった風潮がまかり通り、あからさまに「暴力によって封殺すれば何を行ってもかまわない」という政府になっています。
また台頭した武士たちも「統治者としての自覚に欠けるものが多く」、いささか疑問符のぬぐえない統治になっています。

このゆがんだ支配構造が現代の「長州閥」ともいえる政府から透けて見え、きちんと見ようとすれば「覆い隠す圧力がかかる」のも特徴的ですね。

ちなみに、明治維新は世に多くある「革命」と異なり、戦いを避けようとする旧政府を無理矢理戦いの場に引きずり出したという点で、きわめて異様な革命です。大抵の革命では「言論を暴力で封殺しようとした事による革命」が発生する訳ですが、明治維新に限っては「暴力を避けようとする旧政府を無理矢理暴力の場に引きずり出してなぶり者にする革命」で、あまり類のない物だと言えます。
確かに、政権内部での主流争いではないためにクーデターとは言いにくいかもしれませんが、欧米などであった被支配者が起こした「革命」でもありません。まさに「維新」としか言いようのないものです。

yta********さん

2007/11/122:09:54

世界のほとんどの国はテロリストが作ったもんだろう。
そうでない国はどこかあるかな?

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる