ここから本文です

伊能忠敬について質問です。忠敬の死後、忠敬が作った日本地図が後世に与えた影響...

スーパーライテイックメンさん

2014/8/1718:56:52

伊能忠敬について質問です。忠敬の死後、忠敬が作った日本地図が後世に与えた影響ってありますか?

検索してもなかなか出てこないんです。知っている方お願いします。
あと、忠敬お面白いエピソードとかもあったらお願いします。

閲覧数:
1,848
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki********さん

編集あり2014/8/1720:16:35

文化元年(1818)、持病のぜんそくの悪化により、忠敬は74歳の生涯を閉じ、遺体は遺言により忠敬の後半生を導いた高橋至時のお墓の隣に葬られました。それから3年後、忠敬の測量による「大日本沿海実測全図」は、友人や弟子たちの手により完成し、幕府に提出されました。忠敬自身も一万両以上の私費を投じて作り上げた、この地図の精密さが認められたのは、これから40年後でした。上海を基地とする4隻のイギリス測量艦隊が神奈川にやってきたのは、文久元年(1861)で、彼らは日本の沿岸測量の許可を幕府に求めました。国内は尊皇攘夷論に沸き立っていた時期で、幕府はやむなくその要求に応じ、万一の事件を避けるために日本の役人をイギリス測量艦隊の各船に乗り込ませ、案内用として「伊能小図」を持たせました。測量艦隊隊長のキャプテン・ワードは、その地図を見て驚愕し、すでに自分たちで局地的に測量していたものと一致するので、その精密さを認め「伊能小図」の写しを入手しただけで沿岸測量は中止し、測深だけを行って引き上げました。当時のイギリス側の記録を見てみると、大変な絶賛で。我々がやったって、これ以上のものはできない。どうしてこんな地図が日本にできていたのか?非常に正確である上に芸術的だと言う言葉まで使っています。芸術品としても実に立派なものだと言うわけです。これはイギリスの公式記録に残っています。それほどイギリス人には、つまり本職の測量家には「伊能図」の優秀性を理解していました。

(補足)伊能図では日本の北部や南部では経度が少し狂っています。これは当時の日本の科学技術の水準から、やむをえなかったのです。ところがこの伊能図を基として1863年にイギリス海軍が発行した「日本沿海図」では、この経度の狂いは修正してあります。しかも、この狂いの弱点については一言も及んでいません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/8/18 09:14:31

笑う とても分かりやすかったです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2014/8/1721:04:06

全くなんです。
預かった幕府が、しまいこみました。
唯一、陽の目を見たのは、生麦事件で、英国が日本地図を見せろと迫ったとき、持ち出されました。
命がけで、正確な地図を作ったのにね・・・
日本初の放送が発信された「愛宕山」に、地図を刻んだレリーフがあります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる