ここから本文です

ウイスキー・バーボン・ブランデー・の違いは?

abb********さん

2007/11/1120:52:47

ウイスキー・バーボン・ブランデー・の違いは?

ウイスキー・バーボン・ブランデー・の違いは?

閲覧数:
83,458
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nul********さん

編集あり2007/11/1200:37:31

日本の酒税法上の定義

ウイスキー 次に掲げる酒類をいう。
 イ 発芽させた穀類及び水を原料として糖化させて、発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの
 ロ 発芽させた穀類及び水によつて穀類を糖化させて、発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの
 ハ イ又はロに掲げる酒類にアルコール、スピリッツ、香味料、色素又は水を加えたもの

ブランデー 次に掲げる酒類をいう。
 イ 果実若しくは果実及び水を原料として発酵させたアルコール含有物又は果実酒を蒸留したもの
 ロ イに掲げる酒類にアルコール、スピリッツ、香味料、色素又は水を加えたもの


通常、ブランデーはブドウが原料の蒸留酒、ウイスキーは大麦が原料の蒸留酒です。小麦やライ麦もあり。
米国のトウモロコシを主原料にしたウイスキーのうち、ケンタッキー州バーボン郡の特定のものが
バーボンです。アーリータイムズやワイルドターキーなど。
それ以外はコーンウィスキーです。有名なジャックダニエルはバーボンではなくテネシーウイスキー。

質問した人からのコメント

2007/11/15 22:03:34

成功 回答ありがとうございます!
凄く奥が深くてためになりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

p_b********さん

2007/11/1318:32:06

法律上の違いなどいろいろな観点があるかとおもいますが…

バーボンというのはウイスキーの一種です。
で、ウイスキーというのは、一般に「穀物を発酵させたアルコール飲料を蒸留したもの」です。いっぽうブランデーは「(通常は)ブドウを発酵させたアルコール飲料を蒸留したもの」です。ものすごくいい加減な言い方をすると、ビールを蒸留したらウイスキー、ワインを蒸留したらブランデーということになります。(通常は)と書いているのは、本当は果物を発酵させたものを蒸留させたものはブランデーと名がつくからです。りんごが原料ならアップルブランデーとかね。

バーボンはウイスキーの一種で、詳しくはいろいろ条件があるのですが、大雑把にアメリカのケンタッキー州で作られたものです。
一応ウイスキーの大きな生産地(国)は5つあって、アメリカもそのひとつです。アメリカンウイスキーの一種がバーボンということになります。なおほかの地域はスコットランド、アイルランド、カナダ、そしてなんと日本です。スコットランドウイスキーはスコッチといいます。
ですから、居酒屋などでスコッチ、バーボンとメニューに書いていると、少し変なのですがね。

ric********さん

2007/11/1120:56:37

原料の違いによるものです。
ウィスキー。。。。穀類
バーボン。。。。。トウモロコシ
ブランデー。。。。果実

となります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる