ここから本文です

発酵油かすを追肥として使用した場合、効果が表れる時間を教えてください 発...

sw4********さん

2014/8/3014:43:09

発酵油かすを追肥として使用した場合、効果が表れる時間を教えてください


発酵油かすは普通の油かすと違って発酵済みなので追肥としても使用出来てすぐ効果もでますよね?

閲覧数:
1,668
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

txr********さん

2014/9/119:42:00

化成肥料は水に溶けやすいので、最初から高濃度に肥料分が出てきますが、有機肥料はそれが徐々に出てきます。なので同じ量あたえても有機肥料の方が最初は薄い濃度しかないことになり、比べてしまうと効きが薄く感じますが、化成肥料が何度も追肥がいるのに比べると回数が減らせます。

発酵させていない場合、むしろ細菌が活動初期の時に逆に窒素を固定してしまうため場合によっては「窒素飢餓」を引き起こします。しかし発酵済みの場合、初期発酵が終わっているのでそのような窒素飢餓は起こりません。なので十分発酵したものなら水をやってそれが根に届いた時から効き始めます。
ただ、有機肥料は計画的に使わないと後で効きすぎたり、無駄が出たりします。施肥の方法が化成肥料とは違うことは理解してください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

txr********さん

2014/9/114:20:35

すぐに効きますよ。正し最初は弱くしか効きません。その代わり長く効きます。

数百時間など根拠のないことを書いている人もいますが、発酵肥料を水に溶かしてその水の硝酸態窒素をしれべれば、ちゃんと十分な濃度が検出されます。これは科学的な測定に基づく事実です。水に溶かしているのに、全く窒素が検出されないなんてことは絶対ありません。

化成肥料は水に溶けやすいので、最初から高濃度に肥料分が出てきますが、有機肥料はそれが徐々に出てきます。なので同じ量あたえても有機肥料の方が最初は薄い濃度しかないことになり、比べてしまうと効きが薄く感じますが、化成肥料が何度も追肥がいるのに比べると回数が減らせます。

>発酵油かすは普通の油かすと違って発酵済みなので追肥としても使用出来てすぐ効果もでますよね?

発酵させていない場合、むしろ細菌が活動初期の時に逆に窒素を固定してしまうため場合によっては「窒素飢餓」を引き起こします。しかし発酵済みの場合、初期発酵が終わっているのでそのような窒素飢餓は起こりません。なので十分発酵したものなら水をやってそれが根に届いた時から効き始めます。
ただ、有機肥料は計画的に使わないと後で効きすぎたり、無駄が出たりします。施肥の方法が化成肥料とは違うことは理解してください。

kaj********さん

2014/8/3017:57:15

時間ですか?数百時間以上でしょう。
発酵してあってもしていなくても、長い長い肥効きまでの時間に大差はありません。

したがって聞き始めるのが遅い油かすは追肥に不向きです。
どうしても油かすを使うなら、水に漬けて腐らせて、その水を液肥として使うと聞きましたが、とても臭いと聞きましたので私は実行したことがありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jp_********さん

2014/8/3016:37:22

油粕は発酵済みのものでも、化成肥料のようにその成分が水に溶けてイオン化されて肥効きが出るのではなくて、微生物などの食されたのち、その微生物が死んでから無機化され、そこで初めて植物の根から吸収されると言った家庭を踏むので、いくら発酵済みのものでも、一般的な化成肥料に比べると肥効きは遅くなります。

その土壌に、どれほどの有機物が含まれ、どれほどの微生物が存在するかによって肥効きは大きく分かれるので、大体、効果を表すのに、3週間から1ヶ月は見ておいた方がよいでしょう。

それを見越して、早めに穴肥として追肥をして置けば、根が伸びてきた時にすぐに肥効きが現れます。

要は使い方次第で、緩効性有機肥料と云えども追肥に使えます。

化学肥料などがなかった昔は、全て追い肥は人糞が主でした。

who********さん

2014/8/3016:31:40

少し違うと思う。
発酵済みなので、発酵熱が出ないため、植物が熱による被害が出にくいだけと思うが。
肥料分として効果が出るには、さらにバクテリアによって分解されないといけないわけで。

hir********さん

2014/8/3015:59:19

有機質肥料の場合「醗酵済み」と謳っていても「すべてが完全に醗酵しきって100パーセント無機化している」わけではないと思います。もしそうなら化成肥料と何ら変わらなくなってしまいます。

ゆっくり穏やかに長く効くというのが有機質肥料の特性ですから、化成のようにはすぐ効かないと思ったほうがいいでしょう。また、使い方とくに追肥の場合はまったく化成と同じ同じようには使わないで、化成以上に株元から離すとか地表に置くだけとかした方がいいです。

いつ効き出すかは、諸々の条件によって変わります。化成より遅く未醗酵のものより速いとしか言えません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる