ここから本文です

人の人生の中で、誕生日と命日・・・残された人がどちらを大切にしたら、亡くなっ...

kot********さん

2014/8/3109:33:28

人の人生の中で、誕生日と命日・・・残された人がどちらを大切にしたら、亡くなった人は喜びますか?

私の父は私が小さい時に亡くなりました。父が亡くなってから10年経ちますが、毎年祖母が父の誕生日会をします。
ケーキを食べたり、ごちそうを食べたり。いない父に祖母は「おめでとう○○才になったね」と言います。父は死んでから年をとっていないのに、変だと思います。父の存在がなかったら私が生まれてこなかったから父の誕生日は大切な日だと思います。でもいない父の誕生日会をするのはつらいです。何の意味があるのかと思います。

それより私は命日に父の好物を仏壇やお墓にお供えして、父のことを改めて思い出したり、感じたりして・・・そのほうが気持ちが落ち着きます。30代で短い人生だったけど、一生懸命生きてその人生を終えたその日に(悲しい日ではあるけど)がんばったねって言いたいし、感謝しているよって言いたいです。

父がこの世で生き続けていると思うより、あの世で安らかにいてほしいと願いたいのです。

私はあまり頭が良くないので、きちんと自分の気持ちをうまく言葉で表現することはできませんが、とにかく私の気持ちはモヤモヤしています。特に父の誕生日が近づいてくると憂鬱です。

どなたかこのモヤモヤが少しでもスッキリするようなアドバイスしてください。

閲覧数:
4,436
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aau********さん

2014/8/3110:18:35

私も早くに父を亡くしました。

親(祖父母)は子(父)を早く亡くすと、その事実を受け入れ難く、思い出(=誕生日)に縋って生きていくのではないでしょうか。

特に幼い子を亡くすと、家中その子の写真だらけにしたりしますよね。


逆に、子(質問者さま)が親(父)を早くに亡くすと、親の分まで精一杯生きよう!と未来を大事にします。

思い出さないのではなく、その事実を受け入れ、感謝し、供養をするのではありませんか。


私にはたった10年分の父との思い出しかなく、まだ幼かった為、曖昧な記憶も多々あります。
母や祖父母達から聞く、父の思い出話しが、それらを補っているのかな…と、思います。


お父さんの誕生日は祖父母から話を聞き、数少ない父の思い出が増えていく日だと、供養する命日とは別の捉え方をなさると質問者さまにとっても大事な日になるのではありませんか。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

min********さん

2014/9/109:27:09

それはあなたが亡くなった父の子供だからです

父親の生まれた日を、あなたは知らない
生まれてなかったのだから当然だよな?
父親の生まれた日、どれだけの感動があり尊い日だったか、あなたは知る由もない
なのであなたが知る父親の大事な日は「命日」になる。

しかし祖母は父親の生まれた日のあの愛しく輝かしい日を知ってる
その日の尊さと有難さをしっているからこそ、その日が大事なんだよ
今は失ってしまった大事な命が誕生した日だから

愛する命が生まれた日と、亡くなった日
そりゃ母親にしたら生まれた日のほうが大事なわけで。

あなたもさ我が子が出来たら全部わかる
その命が誕生した日がどんなに大切で愛しいか。

そして「親を亡くす」より「子供を亡くす」ことのほうが辛いから。

それは子供が生まれてみないとわからないことだけどな。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lap********さん

2014/8/3110:18:21

誕生日、月命日も忘れない事は良い事です、思いは同じかと思いますが、お父さんの場合はもう亡くなって10年ですから、月命日に供養をする事の方が良いかと私は思いますが、生まれた時より亡くなった方先祖供養の意味も有り守って頂くと思い私の場合は皆月命日に自分なりに供養してます。
貴女様の気持ちに同様です。。生きてる人は別として亡くなった方を供養する事が此れから自分にも大切かと思いますが!

min********さん

2014/8/3109:50:29

昔参列した葬儀のお坊さんが、

「法要をすることが供養ではない。折に触れ亡くなった人を思い出し、語り、心を寄せる事が供養となる。形ではなく心です。」

とおっしゃっていました。

誕生日も命日もキッカケとして亡くなった人を思い出して語る日になれば、供養にもなるし生きている人にも慰めや区切りとなるかもしれませんね。

毎年たくさん亡き人を語ってくださいね。

koa********さん

2014/8/3109:43:28

どちらも大切にしたらいいんじゃないかな

感謝や御供養の気持ちは毎日でもいいし

親にとって子供はいくつになっても子供なんですよ

きっと貴方も将来子供を持つ事があればそんな親心を理解する時があるかもね

lov********さん

2014/8/3109:36:09

お父さんの誕生日を祝うことも
お供えと等しい価値があるのではないでしょうか

それによって
お父さんのことを改めて感じたり思い出したりすることが
できるのではないでしょうか

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる