ここから本文です

志望理由書を書いているのですが、 だ、である調(常体)でずっと文章を書いていて...

ich********さん

2014/8/3114:41:01

志望理由書を書いているのですが、
だ、である調(常体)でずっと文章を書いていて、最後だけです、ます調(敬体)にしようと思っています。
相手にお願いしているわけだから、最後だけ敬体にした

方がいいと添削担当の先生に言われました。
文末を統一したほうがいいのか、それとも混同させてもいいのか、意見をください。

閲覧数:
1,868
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

den********さん

2014/8/3114:57:08

常体か敬体かの問題ですね。どんな理由があるにせよ、文体を混ぜることはよくありません。それなら、最初から全部敬体で書く方法がよいでしょう。
私の考えですから、参考に留めて頂きたのですが、「ます・です」より大事なのはお願いする気持ちの問題でしょう。常体でお願いしたから失礼とはいえないでしょう。例えば、「心よりお願い致したい」とか「衷心よりお願いする者である」とかいう表現だって作れます。これが志望理由書に即使えるかどうかは別として、一工夫して常体なら常体らしくまとめては如何ですか。

質問した人からのコメント

2014/8/31 22:40:49

お二人ともありがとうございました!
やはり統一しなければおかしいですよね…
常体に統一しようと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

swi********さん

2014/8/3115:00:05

文末は統一しないと不自然です。

最後だけ敬体にしようとお考えなら、最後だけと言わず、文全体を敬体にした方がいいです。やはり、いきなり文体が変わると読み手もびっくりしてしまうでしょう。

ちなみに、志望理由書に関しての参考書を持っていますが、書き方の例の8割は敬体でした。
どちらでも良いというのが結論ではありますが、常体なら最後まで常体、敬体を入れるなら全て敬体で書くというのが一般的なルールです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる