ここから本文です

短歌を途中まで考えたので続きを考えていただけませんか??

息吹さん

2014/9/420:19:07

短歌を途中まで考えたので続きを考えていただけませんか??

お題は秋 と言うことで、短歌を考えたんですが、どうしても最後の7音が思いつきません。思いついた方はご回答お願いします!

「夕暮れの
淋しさ照らす
月うさぎ
木枯らしふけば」

この続きをお願いします!

補足失礼しました!イメージを書くのを忘れてました!
えっと、この短歌のイメージは「月のうさぎが、日が暮れる度に淋しさを感じる、木枯らしが吹くたびに切なくなる」そう言う感じにしたいのです!

閲覧数:
460
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bor********さん

2014/9/421:16:12

木枯らし(冬)→秋風(秋)にしないと季節感がグチャグチャになる。
淋しさを感じているのは誰なんだ?うさぎなのか?詠み手なのか?

≪うさぎが淋しさを感じている≫
・夕暮れの 淋しさ想うか 月うさぎ 秋風吹けば なお殊更に
≪詠み手が淋しさを感じている≫
・ 月うさぎ 見て夕暮れの 淋しさよ 秋風吹いて なお殊更に

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mon********さん

2014/9/420:59:24

「月のうさぎが、日が暮れる度に淋しさを感じる、
木枯らしが吹くたびに切なくなる」だと主役は
【月のうさぎ】だよね。
月は日が暮れないと輝きを発揮できないじゃないの。

そのあたり考えないとイメージと違っちゃうんじゃ
なかろうか。

opt********さん

2014/9/420:52:48

まて!木枯らしは秋じゃない!
冬まで木枯らし待つのはうさぎが可哀想だから、何か別に考えてあげて!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる