ここから本文です

真田信幸の二人の息子の序列について。 真田信幸には二人の息子・信吉と信政が...

川崎さん

2014/9/2214:59:53

真田信幸の二人の息子の序列について。

真田信幸には二人の息子・信吉と信政がおり、信吉が沼田藩、信政が松代藩を継いでいます。兄弟は大坂の陣で真田幸村に面会するなどの逸話を遺していま

す。

信吉の母親は、信幸の先々代の当主で武田二十四将に名を連ねた真田信綱の娘と言われ(諸説あり)、信政の母親は徳川重臣・本多忠勝の娘です。

この二人の兄弟の序列について質問です。

一説には兄が『庶長子』とされ、真田宗家を次いだのは次男である信政とされています。
後世の争いで次男の系統が真田宗家を継いでいます。

しかし信吉は信政を差し置いて、真田昌幸(上田)信幸(沼田)体制を模したような、真田信幸(松代)信吉(沼田)という配置をされています。

やはり真田家本来の正統である真田信綱の血筋よりも、徳川重臣・本多忠勝の血筋の方が優先されたため、信政が上だと思っていましたが、本当のところは信吉と信政の兄弟はどちらが上なのでしょうか?

閲覧数:
1,050
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

odo********さん

2014/9/2216:58:05

信吉は三万石、信政は一万七千石を分知されていました。
信吉が死去して息子熊之助も早世したため、遺領三万石を信政に二万五千石、熊之助の弟信利に五千石を与えました。信政の一万七千石は、弟信重に与えて、信政は沼田に入ります。信重も早世して断絶するので一万七千石は信之に返されます。
信吉は寛政重修諸家譜でも、はっきり長男とされています。分知されていた領地も信吉が上ですな。信吉と息子が早世したため、信政が後継となったのでしょう。信利はまだ幼かった。
信政が信之の後を継ぐと、二万五千石は信利に与えられ、三万石となります。しかし、嫡流をはずれたことに不満があったのでしょうかね。問題を起こして改易になります。このとき信利の息子、信音は浅野内匠頭に預けられていますねぇ。

  • 質問者

    川崎さん

    2014/9/2220:04:03

    回答ありがとうございます。

    知行の変遷を見ると竹中半兵衛同様、跡取りが幼いことが後の逆転現象に繋がったと考えられますね。
    石高や官位などから考えると、やはり信吉のほうが序列が上と言えそうですね。

    母親は不明確な点もありますが、互いの母親の影響について、どのようにお考えでしょうか?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/9/27 18:52:13

回答ありがとうございました。

納得の回答、流石ですね。今後ともよろしくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2014/9/2218:32:29

関ヶ原の役で、父信之の名代として、出陣したとき、あるいは、大坂の陣で、代表、大将は、信吉になっています。
小松殿が、一歩ひいて、長男を立てたのだと思います。
自分になかなか、子ができず、奥方から薦めた側室ともいいます。
異母兄弟とは、思えないほど、仲もよかったらしいです。

sil********さん

2014/9/2215:07:51

信之の晩年の孫同士の家督相続争いの時に幕府が、信之の裁定を承認したのを見れば明らか

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる