ここから本文です

ギターの作曲について(ギターインストのメロディーの作り方)

joe********さん

2014/9/3018:41:18

ギターの作曲について(ギターインストのメロディーの作り方)

先ず、Cメジャースケールで曲を作るとしたらド レ ミ ファ ソ ラ シ の音を使ってメロディーを作りますが、何小節か作るとすぐ行き詰まってしまいます、何か曲を引き
延ばす為のコツや「ここの小節はキーから何度離れた音で
作ると安定する」などの決まり事が有るのでしょうか?
宜しければご回答お願いします。

閲覧数:
1,003
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

T.M.BACHさん

2014/10/102:16:45

僭越ながら、回答させて頂きます.

ギターのインストに限らず、まず大まかな曲構成を考えてみると
良いと思います.

一般的な歌モノでは、
「Aメロ→Bメロ→Cメロ」
のような構成が多いですね.
さらに、イントロやアウトロ、ギターソロなどが入ってきます.
そういった構成を考えます.

構成に関しては、既存の曲を聴いたり、楽典の音楽形式を
勉強すると良いと思います.
ロンド形式や変奏曲形式などは、クラシック音楽だけでなく
他ジャンルにも応用できると思います.
マイケルシェンカーの「キャプテン・ネモ」の前半は、
ロンド形式っぽいですね.
けっこうインスト曲に合う形式かもしれません.

さらに細かく…1フレーズの構成も考えます.
4小節で1フレーズの場合が多いですが、フレーズは、
モチーフと呼ばれるメロディの最小単位のようなもので構成されています.
例えば、「a→a→b→b」のような感じです.
曲によっては、1つのモチーフだけで「a→a→a→a」のように
出来てるフレーズもあります.

童謡の「ちょうちょ」の場合は、
大雑把に表すと「a→a→b→a」となりますね.
(厳密には、「a→a→b→c」かもしれませんが)

モチーフの構成を意識して、2フレーズ(8小節)作ったら、
それが「Aメロ」になります.
それと対照的な「Bメロ」を作りますが、同主調や平行調など、
Aメロと異なるものにすると良いでしょう.
簡単な構成なら、「A→B」で1コーラス分できます.
あとは、自由に構成を考えると良いでしょう.

インストの場合、まったく同じ演奏を繰り返しても面白くないので
もとのフレーズをフェイクしたり、アドリブ的な演奏を入れたりします.
ラリー・カールトンの「ROOM 335」は勉強になると思います.

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる