ここから本文です

香港や台湾、ウイグル自治区で抗議活動が連続している中、もはや中華人民共和国は...

kob********さん

2014/9/3019:21:26

香港や台湾、ウイグル自治区で抗議活動が連続している中、もはや中華人民共和国は崩壊に近づいているのではないでしょうか?

閲覧数:
126
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/9/3019:57:40

・香港はイギリス支配が長かったため中国共産党には抵抗感があると思います。
・台湾は共和国として国家の運営が成立しています。中国共産党には拒否感が有ると思います。
・ウイグル自治区は中国が最近になって中国に組込んだ。人種のルツボなので中国政府とは当初から仲が悪かった。

中華人民共和国が欲張ると政情不安になります。香港には自治権を緩く与える事が良い結果になります。中華人民共和国は崩壊に近づいている訳ではありませんが、これらの事件処理の仕方を間違うと国際社会から大きな批判を浴びる事になります。

補足:

香港は、1843年(道光23年)6月、初代香港総督にサー・ヘンリー・ポッティンジャーがに就任、植民地としてのイギリス統治が開始された。更に1856年(咸豊6年)に勃発した第二次アヘン戦争の結果、1860年(咸豊10年)に北京条約が締結されで九龍半島もイギリスに割譲される。

1997年:7月1日イギリスから中華人民共和国への返還(主権移譲)。香港特別行政区政府が発足。初代香港特別行政区行政長官に董建華が就任、2002年再選。従来の立法局議員の資格が停止され、臨時立法会が取って代わる。

台湾は、中国から離島であったため共産主義が及ばず。共和国政権で国を運営している。中国は台湾を自分のものと考えている。

新疆ウイグル自治区(しんきょうウイグルじちく、新疆維吾爾自治区)は中華人民共和国の西端にある自治区である。ウイグル族の民族自治区であり、その領域は、一般に、東アジアの一部として定義されるが、場合によっては中央アジアのトルキスタン地域東部(東トルキスタン)とみなされることもある。

ウイグル族のほか、漢族、カザフ族、キルギス族、モンゴル族(本来はオイラト族である)などさまざまな民族が居住する多民族地域であり、自治州、自治県など、様々なレベルの民族自治区画が置かれている。中華民国時代には、1912年から新疆省という行政区分が置かれていた。

※国名、地名にスタンが付く地域はペルシャの歴史と関係します。

以上

QASIQOTI

質問した人からのコメント

2014/10/1 16:33:08

ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる