精霊使いの剣舞12話で最終なんですか? 第2期などはやるのでしょうか…第2期やるとしたらブレイドダンスからなのでしょうか そしてグレイワースの正体が謎です一気に質問しましたが回答お願いします

精霊使いの剣舞12話で最終なんですか? 第2期などはやるのでしょうか…第2期やるとしたらブレイドダンスからなのでしょうか そしてグレイワースの正体が謎です一気に質問しましたが回答お願いします

アニメ3,767閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

簡単に書きます。 精霊使いの剣舞は1クールなので12話で一旦終わりです。 2期はBD/DVDの売り上げによって決まります。5000枚が二期のラインだといわれています。 2期をやるとしたらブレイドダンスからです。 グレイワース アッシュブロンドの髪と妖艶な風貌が特徴的な美女で、アレイシア精霊学院の学院長。3年前、カミトを〈精霊剣舞祭〉に送り出し、その後、彼の契約精霊のレスティアの情報と引き換えに学院に入学させた張本人。 本編の24年前に開催された〈精霊剣舞祭〉では当時15歳で優勝しており、その時の願いで仮初めの不死の肉体を得ているが[注 35]、精霊使いとしての本来の能力はとうに失われていた。 学院の生徒を始めとする精霊使いの少女達からは「大陸最強の精霊使い」と尊敬されている。ただし、カミトからは今までの仕打ちから、ただのドSな婆さんという認識を持たれており、敬語は使わず、「グレイワースの婆さん」、「婆さん」、「グレイワース」と呼ばれている[注 36]。 経緯は不明だが以前に心臓に呪装刻印を移植されており、上記の願いによってなんとかもっていた。 ランバール戦争ではオルデシア帝国の〈十二騎将(ナンバーズ)〉の一位[注 37]として活躍し、敵・味方ともに〈黄昏の魔女(ダスク・ウィッチ)〉の異名で恐れられていた。それとともに国内外に多数の「敵」[注 38]を抱えており、カミトがレスティアの封印を解いてもらうためにグレイワースの下にいた時には毎日のように暗殺者に襲われていた。 カミトが扱う絶剣技の本来の使い手で、当時カミトにそれらの技を叩き込んでいた(カミト曰く、理不尽なしごき)。 〈精霊剣舞祭〉本戦では、決勝前に教え子達の活躍を見守るという名目で〈浮遊島〉を訪れており、カミトにある理由で教えていなかった絶剣技の究極奥義の終ノ型〈天絶閃衝(ラスト・ストライク)〉を教え、その直後に神威を使い果たし倒れた。命は助かったものの、心臓の呪装刻印の副作用で体内の神威の経路がズタズタになり、精霊使いとしては二度と活動できなくなった。 かつて、ランバール戦争に参加していた時に自分を慕う大勢の姫巫女が死ぬのを目にしており、戦争や紛争を憎んでいるため、上述の件の後にカミトに対して「レン・アッシュベル(ルビア)を止めろ」と強く進言している。 〈精霊大祭〉の事件後は帝都〈オストダキア〉で開催される〈諸国会議〉に列席しており、アルファス教国のクーデターに神聖ルギア王国が一枚噛んでいることを察知しており警戒している。 wikipedia引用

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/6 1:59

その他の回答(1件)

0

>精霊使いの剣舞12話で最終なんですか? はい >第2期などはやるのでしょうか… 原作のストックはあるのでDVDの売り上げ次第では有りうる >第2期やるとしたらブレイドダンスからなのでしょうか 話の流れとしてはそうなる >グレイワースの正体が謎です 24年前のブレイドダンスの優勝者 優勝時の願いで擬似的な不死になる 帝国十二騎将第一位 カミトの師匠 他にも色々ある模様