ここから本文です

ゼットソーという鋸に合う替刃を、バクマ工業やタジマ他、複数のメーカーが発売し...

ipo********さん

2014/10/522:37:27

ゼットソーという鋸に合う替刃を、バクマ工業やタジマ他、複数のメーカーが発売しています。
ゴムボーイという折畳鋸に合う替刃も、バクマ工業やアルスとか、複数のメーカーが発売しています。

それは、開発して市場流通させたメーカーのシェアを横取りする行為ですが、許されるものなのでしょうか?取付部を同じに製造し簡単に売上の横取りですよね。マネして作るだけなので簡単ですよね。
それが許される現状なら、マキタの充電バッテリーに合う電池とか発売すれば売れますよね。コッソリと闇流通しているモノが有るらしいですが、なぜ大々的に展開してくるメーカーは無いのでしょうか。安く製品販売しているRYOBIとか、マキタ互換性有りタイプを展開すれば売れますよね!MAXとかも自分で頑張るより、マキタ対応で展開したら早いのに…。
スマホ携帯のSIMフリーのように、どの電動工具も各メーカーの電池が合うように、マキタバッテリーが国内標準型になるような…。
…鋸は、OKなの?

閲覧数:
3,406
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/10/523:18:46

販売店です。
充電工具のバッテリに関しては共通に使えることは消費者の理想ですが
メーカー側からすると自社製品で利益を確保したいということもありますが
他社でも使える形にした場合、もし不具合が合った時に、
「使える」と言ったメーカー側の責任問題となります。
そのためマルノコの替刃や+ビットなど各社共通のものであっても
自社製品だけに使えるように表記してあります。

問題はZソーの替刃ですね。
これは今から10年以上前にZソーの岡田金属とゴールド鋸のタジマで
裁判が長期に渡り行われました。
結論としては原告側の岡田金属が結果的に敗訴となりました。
(但し裁判費用は、各自負担と言うことで)
裁判所の理由は
刃の取り付け方法は酷似しているが、ワンタッチで取り付けて
抜けない構造にしようとすると、同様に形状になり、
その形状に実用新案的なものが合ったわけではなく、
必然性の高い形状であったため原告側の利益を損ねていない。
と、言う、どうも意味不明な結論でした。
自分なりの解釈としては替刃式ではない普通の鋸の柄の形状は
どこも同じであるが、それに関しては大昔から利益の阻害と言われていない。
どこで作ったの鋸の柄でも、鋸の刃が取り付けられます。
もし岡田金属が勝訴したら、他の鋸だけに限らず、
ほとんどの替刃工具の共通性が訴えられてしまいます。
またマルノコ刃は草刈刃も同様になります。
ですので、裁判所の見解は必然性のある差込に関しては裁定が甘いようです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pan********さん

2014/10/617:12:42

それを公然とやると中国と同じになってしまう。

PenesamiG の乾電池

それを公然とやると中国と同じになってしまう。

PenesamiG の乾電池

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる