ここから本文です

ウイグル自治区のイスラム教徒を弾圧する中国政府を、イスラム国は攻撃しないので...

mas********さん

2014/10/806:25:28

ウイグル自治区のイスラム教徒を弾圧する中国政府を、イスラム国は攻撃しないのですか?

閲覧数:
722
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

いや、中国はイスラム教徒を弾圧しているのではなく、東トルキスタン亡命政府の差金でウイグル自治区においてテロ行為を行う暴徒を合法的に取り締まっているだけですよ。

もし、本当に罪なきウイグル族を弾圧したり、イスラム教自体を弾圧したりすれば、そりゃ、ご質問者さんの期待通り?他のイスラムの国々の人々も黙ってはないでしょうね。

実際、ウイグル地区は、中共の「ウイグル自治区」となって現在、中国の自治区となる以前とくらべて、逆にイスラムの規模が大きくなっています。

中国政府の発表の範囲では、新疆ウイグル自治区には約10種の少数民族が居住しており、定住人口といわれる少数民族の人数は、第6回国勢調査によると、13067186人で、イスラム教徒は1300万人と発表されてますので、ほぼ全員、大多数はイスラム教を信仰していることになります。

たとえば、自治区のイスラム教のモスクなどは、中国が言う「ウイグル解放当時」は2000か所ぐらいしかありませんでしたが、現在は登録して活動しているモスクの数だけでも24300か所で10倍に増えています。そして社会の教員数は3000人程度でしたが、現在は28000人になってます。

イスラムを弾圧しているとか、同化しているとか、ウイグル語を使わせない・・・・なとど、

東トルキスタン亡命政府などは、しきりに宣伝していますが、彼らがいう昔の状況がどんなに荒れ果てていて、人々を圧政していたか、今の中国政府によるウイグル自治区保護政策によるすべての面の発展が数値になって現れている時、

「数字は嘘つかない」

というところからの判断でも、今の報道が偏向しているという証明になります。

続けますと、「新疆イスラム教経学院」を代表する学校もたくさんあり、そこは北京語ではなく、ウイグル語などの少数民族の言語を用いて今でも授業を行っており、新疆各地のために、イマーム、ハティーブと呼ばれるイスラム教の聖職者や、宗教学校講師などを要請しており、現在多数が在籍してイスラム文化や宗教を守る人材も養成する学校があります。

2001年から2008年までの結果になりますが、新疆のイスラム教聖典(コーラン)学校は延べ2万人の宗教聖職者を養成し、各地区(州・市)のイスラム教協会が開設した聖典学校、聖典クラス、個人教育で学んだタリフ(イスラム教の神学生)は3133人おり、1518人が卒業し、803人が宗教学校の教員になっています。

現在は、学問的にもハイレベルのイスラム教聖職者を養成するため、各国のイスラム社会から要請があり、新疆自治区は計47人をエジプトやパキスタンなどイスラム諸国のイスラム教高等教育機関に派遣したりもしています。

ですから、新疆において、各民族人民は宗教と信仰の自由の十分な権利を有しているどころか、模範的なイスラムの信仰をしいてそれを継続しています。

逆に、他国のイスラムの社会では強制ですが、中国ではウイグル人であっても、宗教を信仰するか、しないかは公民が完全に自由に選択でき、法律の保護を受けており、いかなる機関、団体、個人も干渉することができないとしています。

新疆には現在、イスラム教のモスク、キリスト教の教会、仏教・道教の寺院などの宗教活動の場が2万4800カ所あり、宗教聖職者は2万9000人で、宗教団体は91団体、宗教大学は2校あります。

1980年代以降に新疆からサウジアラビアを訪れメッカを巡礼した人は累計で5万人を超える。この数年、メッカ巡礼者は毎年2700人前後に保たれています。

また、ウイグル族も、各レベルの人民代表大会、中国人民政治協商会議に参加しており、その職務を担当している新疆宗教界の関係者は1800人にのぼり、彼らは信者を代表して積極的に政治に参画し、政治を議論するとともに、政府が信教の自由という政策を徹底させるかについての監督を行っているというところです。


以上のことにより、中国がイスラムを弾圧している!と吹聴するのは、東トルキスタン亡命政府と、それを支援する反中団体や、人権保護団体にぶら下がる一部の西側の政治家というメカニズムがありますね。

  • 質問者

    mas********さん

    2014/10/814:07:01

    なるほど。もしも、これが真実ならば、私は、今までマスコミにだまされ続けたことになります。大変、勉強になりました。どうもありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ISISは連携している

なのでウイグル弾圧に正当性ができた

テロとの戦いであってなWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

孝志君さん

2014/10/807:29:42

イスラム国 何をしたいか不透明です。実行すると思いますよ。

ali********さん

2014/10/806:29:19

いや、中国にまで戦線を拡大する能力は無いでしょうね。

しかし、多くのイスラム原理主義過激派が、中共が、ムスリムを弾圧しているということに気づいたので、今後確実にターゲットになるでしょう。

ウイグル人の中共に対する攻撃も、最近は爆弾を用いたテロを行っており、要員の教育や、爆発物の手配は、ムスリムのネットワークを用いているのではないかということも云われています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる