ここから本文です

単相三線式のバランサーに流れる補償電流が流れ電圧が平衡する過程を詳しく教えて...

kum********さん

2014/10/1322:20:33

単相三線式のバランサーに流れる補償電流が流れ電圧が平衡する過程を詳しく教えて下さい。
説明してる回路で画像のようなもの見つけましたがよくわかりませんお願いします。

バランサー,単相三線式,補償電流,コイル,流れ電圧,磁束,回路

閲覧数:
563
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tek********さん

2014/10/1921:42:00

バランサーの上コイルと下コイルに鎖交している磁束は同じもの。したがって、この磁束の変化によって誘導される電圧は上コイルと下コイルでは全く等しく(V1=V2)なければならない。・・・大前提

ここで負荷電流によって負荷電圧(上コイルの両端電圧)が低下すると、負荷電圧より上コイルの誘導電圧の方が勝って、上コイルから負荷に向かって電流(30A)が流れ、その結果、負荷電圧は若干上昇して上コイルの誘導電圧と平衡する。
同時に磁束は、上コイルの電流によって若干減磁され、その結果、下コイルの誘導電圧は若干低下することから、下コイルへは余分に電流(30A)が流れ込む。
以上のような現象により、V1=V2が満たされる。

  • 質問者

    kum********さん

    2014/10/2021:39:26

    解答ありがとうございます。聞きたいのですが負荷電圧とは画像の100Aの定電流負荷の両端の電圧の事を言いてるのですか。上コイルの電圧はバランサーの上のコイルの両端の電圧ですよね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/10/20 23:22:03

投票受付になってしまいそうなので再度質問上げたいと思います。解答ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる