ここから本文です

賃貸借と妨害排除請求の問題で疑問点 問題 賃貸人Aから賃借人Bが借りたA所有の...

fun********さん

2014/10/2118:38:29

賃貸借と妨害排除請求の問題で疑問点

問題
賃貸人Aから賃借人Bが借りたA所有の甲土地の上に、Bが乙建物を所有する場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

なお、Bは、自己名義で乙建物の保存登記をしているものとする。


2、Cが甲土地を不法占拠してBの土地利用を妨害している場合、Bは、Aの有する甲土地の所有権に基づく妨害排除請求権を代位行使してCの妨害の排除を求めることができるほか、自己の有する甲土地の賃借権に基づいてCの妨害の排除を求めることができる。
〇 その通り。代位行使をすることも賃借権に基ずく妨害排除もできる

>ここで、混乱してます。
賃借人Bは賃貸人Aから土地を借りて、その上に建物を建てて保存登記をした。
なので、Aが何もしない場合に、Aの所有権に基ずく妨害排除請求を代位行使できる
というのは分かります。

そして、保存登記をしてますから借地借家法の対抗要件も備えていますから
こちらも可能ですが
「自己の有する甲土地の賃借権に基づいてCの妨害の排除を求めることができる。」
↑ここが意味が分かりません
問題文では、土地においての賃借権の登記がされてませんよね

なのに、何で賃借権に基ずいてCの妨害の排除を求められるのでしょうか?

確か賃借権登記はAの同意も必要なわけですし
問題を見てもBは~となってますから
賃借人Bについてですよね

分かる方お願いします。

閲覧数:
148
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac18617さん

2014/10/2118:53:58

>保存登記をしてますから借地借家法の対抗要件も備えていますから

つまり、建物保存登記をすることによって、土地賃借権の対抗要件を備えているんですよ。

質問した人からのコメント

2014/10/21 21:02:49

前回、質問もありがとうございます
そうですよね。。
保存登記をしてるので、それにおいて妨害排除ができるというのは
分かったんですが
問題文が賃借権~となってたので勘違いをしてました
どうもありがとうございました!
謎が解けました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ebi********さん

2014/10/2118:44:09

「土地上に登記された建物を所有」していれば、借地権の第三者対抗要件になります。
なので、物権的な効力が認められるってことでしょう。
借地借家法10条です。

代位の方が、疑問・・・。
Aの無資力とか、いらないんでしたっけ?
まあいいや。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる