ここから本文です

自分のテニスの試合のストロークのスタイルを全てフラット派のフルスイングにした...

ama********さん

2014/10/2518:39:09

自分のテニスの試合のストロークのスタイルを全てフラット派のフルスイングにしたいのですが、

同じ打ち方なので安定すると思いました
ただ緩急やロブなどで流れを変えるのが難しく思います

コツなどあれば教えてください

またラリーのスピン量を毎度変えて試合を安定させるコツがあれば知りたいです

閲覧数:
228
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jtg********さん

2014/10/2521:11:29

まず、いつもフルスイングで打ちたいって考えをしてるなら、それは捨てないとダメだよ。
上手い人はフルスイングなんかほとんど使わない。
絶対的なチャンスボールな時しか使わないよ。
プロですら、入るスピード、コントロール出来るスピードで打ってる。
全てフルスイングで打つプロなんかいない。
テレビなんかで見るプロは通常のスイングが桁違いに速いから、フルスイングに見えるだけ。
しっかりとスピンを効かせて、入れることが出来る打ち方をしてるんですよ。
叩いて決まったら気持ちいいけど、
そんなポイントは稀。
ゆっくりでも、スピンを意識して、100回でも200回でも続けることが出来る打ち方を覚えた方がいいですよ。

質問した人からのコメント

2014/10/26 01:54:43

降参 ありがとうございました
参考にさせていただきます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

adg********さん

2014/10/2600:27:11

フラットでフルスイングですか…

実に厳しい面がありますね

プロのフラットは参考になりません。

なぜかと言うとサイズが違いすぎるからです

190センチもあれば普通にフラットで打てば、入る気はしますよ

デルポトロなんかはベースラインから普通に腰より少し高い位置からフラットで叩いてきますからね…


しかし、私達がそのプロが打ってるような打点で普通に打とうと思ったら肩より上の高さになる。

もはやエアKですよ(笑)

プロが普通に打つようなフラットは一般人とは掛け離れているのです。


一般人の平均が180センチだとして

プロがまぁ、190センチだとします。


10センチの違いがもたらすことは非常に大きいです。

単純に言いましょう。

フラットサーブを得意としてる選手は身長が高い選手が多いですよね?

なぜか?

身長が高い分、打点も高くなりますし
高い角度からドフラットで叩きこめるのです。


それよりも…
フラットだスピンだスライスだで考えるよりもミスをしない確率がよい方を取るべきです。


緩急についてはリズム感が大事ですね

自分から積極的に相手を追い込み、前に詰めることも重要です。


自分の長所と短所を分析し
ゲームプランをたててください☆

ten********さん

2014/10/2521:29:07

フラットのボールはフルスイングで打つとネットぎりぎりの低い弾道を通さないとアウトしてしまいます。打てるポイントが非常に狭くなるのはわかりますね。自然とネットミスやアウトミスが増え、安定しないことになります。また、スピンをかけないとショートクロスも狙えません。アンディー・マレーはフラットに近いレベルスイングでストロークを打ちますが、あのように低い弾道で速いストロークを安定して打ち続けるのはすごく高い技術が必要だと思います。

プロがフラットでフルスイングで叩きこむのは、コートの中に入り、なおかつ高い打点で打つことができる時に限られます。このような場合はネットやアウトの心配なく打てるのでフラットで打ちます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる