ここから本文です

スコットランドの回想シーンでは マッサンもエリーさんも吹き替えでしたが 最近...

nik********さん

2014/10/2717:08:19

スコットランドの回想シーンでは
マッサンもエリーさんも吹き替えでしたが
最近ではエリーさんが母国語をしゃべると
字幕スーパーになりましたね。
吹き替えの評判が悪かったのかしら?

ここまでは私の独り言です。

質問はここから下です。
テレビ番組でよく外国人にインタビューする場面で
その内容が吹き替えになることがあります。

そういう場面でいつも思うのですが
先進国の方の吹き替えは上品で
後進国の方の吹き替えは粗野というか
洗練されていないというか…
ジャッキーチェンの映画に出てくる物売りのおばさん
みたいな喋り方です。

テレビ番組がこういう吹き替えをしていると
多くの人が勘違いというか、偏見というか
差別意識を持ってしまうと思うのですが
どう思われますか?

閲覧数:
656
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

編集あり2014/10/2718:36:04

おっしゃるとおりです。前作『花子とアン』で村岡花子が、ストウ夫人「アンクル・トムの小屋」を翻訳するシーンがありましたが、村岡をはじめとする日本の翻訳家が、黒人奴隷のセリフを「○○でごぜえますだ」という独特の口調に訳したことが一因となり、現在に至ってます。

「翻訳がつくる日本語」(中村桃子、白澤社)翻訳語は、本来の日本語に大きな影響も与えている。
例えば、映画やドラマの中で出てくる黒人、特に下働き(昔の奴隷)の翻訳語は、方言、特に東北弁が使われることが多い。「いんや、旦那様、ダメでごぜえますだ」といったように。これは、東北のどこかの地方で話されている言葉というよりも、あくまでも作品世界の中だけで成立する疑似東北弁であるが、これによって、「無教養の田舎者」というイメージを確立させようとしている。
そうした作品に日本人が触れていくうちに、日本人の中に、東北弁を使う人=教養が低い田舎者というイメージが持たれるようにもなっている。

  • 質問者

    nik********さん

    2014/10/2915:09:20

    そうですか、亡くなった翻訳家はおいといて
    現代の翻訳家は先代のやり方を
    そのまま受け継いでいるだけ?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cho********さん

2014/10/2717:15:03

それ、私も思ってました~(笑´∀`)

映画とかの吹き替えはイメージでやるのわかるけど。
インタビューや、旅物は、おぃおぃ、ちょいと失礼だろwwwって感じのありますよね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる