ここから本文です

小橋建太は何故勝ちブックに執拗に執着したのでしょうか?

c13********さん

2014/10/2720:30:32

小橋建太は何故勝ちブックに執拗に執着したのでしょうか?

プロレスの性格上、負けブックでも名試合を演じれば評価は
下がらずに上がり、逆に勝ちブックでも塩試合をやらかしたら
評価は下がるにもかかわらず。

閲覧数:
11,262
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sho********さん

2014/10/2721:37:15

さあ、どうでしょう。

まあ、その問いにあることが事実だったと仮定しましょう。でもその問いを裏返せば、「なぜ相手のレスラーは(団体は)常に小橋に勝ちブックを与え続けたのか?」という疑問にもなりませんか。小橋の相手だってプライドのあるいちレスラーであるのに。

小橋が勝ちブックに執着し得たということは、それが通用したからです。それは小橋のネームバリュー(それ自体、彼が築き上げたものです)とともに、彼のプロレスに説得力があったからでしょう。小橋になら勝たせてもいいという相互的な了解がなければ「小橋の勝ちブック」は成立しません。並のレスラーがそんなことを要求し続ければただの「ワガママ」であり、レスラーとしての需要がなくなる(干される)でしょう。

つまり、質問者の方の仮定を信じるなら、かえって小橋健太というプロレスラーの商品価値の凄さというものを感じます。小橋がそんな無茶な要求をし続けても「小橋を使いたい」と思わせるのですから。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

o4o********さん

2014/10/2820:10:46

その頃の小橋を完璧に粉砕したように見せて勝てる役が出来るレスラーは限らていたでしょ。

勝ち負けを振り分けるのは簡単ですが、どう考えても小橋の方が強いようにしか見えないのに、小橋に負け役やらせても客が納得しないんじゃないでしょうか。
それだけのプロレスができる技量と体力、カリスマ性があってこその勝ち役でもあるんです。

kan********さん

2014/10/2818:33:06

ファンが求めたからです。

sai********さん

2014/10/2721:45:36

お疲れ様デス。ご質問ですが、他の方も仰ってますが、勝ちブックに執着して、それを続けられるほど、この業界は、甘くナイと思いますよ。

相手のレスラーも、「小橋ならば…」と納得した上で、ブックを飲んでるハズだと思います。

つまり、小橋と言うレスラーは、同業者からも「信頼されていた」レスラーだと言う事だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる