ここから本文です

70歳男性です。 骨髄異型症候群と診断されました。

田中保彦さん

2014/10/2815:26:51

70歳男性です。
骨髄異型症候群と診断されました。

WBC=49 RBC=9.6 HGB=27.8 PLT=3.6との血液検査数値でしたので、10/15日に血小板を点滴し、11/5に血液検査に行く予定と成っています。
担当医に今後の治療方法等について聞いて見たところ、「点滴しか対処方法が無く、2~3年で白血病化する」との事でした。
保険対象外の薬とか、ミニ造血管移植をも含め、治療法は本当に無いものなのでしょうか?
知見をお持ちの方、どうぞ教えて下さい。

閲覧数:
531
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tnm********さん

2014/10/2910:32:27

骨髄異型症候群と診断???
骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん、myelodysplastic syndromes; MDS)のことではないですか?
骨髄機能の異常によって前白血病状態ということになります!!!
WBC=49 RBC=9.6 HGB=27.8 PLT=3.6との血液検査数値
検査はこれだけ?
骨髄穿刺はしていないのですか?
MDS診断には骨髄穿刺での骨髄血液像は必須の検査です

PLT=3.6ならま~~血小板輸血をしても???
でも軟体意を入れたのでしょうか?
そして一回(一日)だけ?
その輸血後の血小板数は?

ご存知のように白血病(MDSも)は各種の治療法の進歩によって
以前より緩解率(治癒率?)が上がっています

しかしこの疾患は多くの病型に分類されています
そしてその病型や年齢によって治療法もかなり違うし
白血病に移行する年数や確率も違います

失礼ですが
今かかっている病院はどのようなところでしょうか?
「血液内科」と掲示している専門診療科を受診することをお勧めします
そこで病型(タイプ)まできちんと判別し
その病型に合致した治療方法(薬剤の選択・・)をしないと、
延命効果は期待通りにはいきません


将来の骨髄移植を考慮するなら輸血(血小板輸血)はまずかったですよ
ま~~70という年齢から骨髄移植は???ですが

  • 質問者

    田中保彦さん

    2014/10/2918:42:26

    tnmouse1945さん
    早速ご回答いただき有難う御座いました。
    病名は貴殿ご指摘のとおりです。
    かかっている病院は市立の医療センターで「血液内科」で見てもらい、骨髄穿刺も行い、血液検査項目は記述以外に沢山有ります。ただ
    輸血はまだ1回で結果は11/5に出る予定ですが、「軟体意を入れた」の意味が解りません。聞いてみようと思います。
    回答いただき本当に有難う御座いました。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「骨髄移植 方法」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

whcatsさん

2014/10/2921:33:20

今まで入院や外来通院されていた骨髄異型成症候群(MDS)のかたの治療は
大抵繰り返しの輸血でした。

大抵毎月~3か月に1回でしたね。個人差があるかと思います。

もともとMDSという病気が症状の進行に差が大きい病気だそうです。

また、赤血球を輸血すると肝臓に鉄が溜まりやすくなるので
それを予防する注射か内服を飲むかたも多かったです。

ただ、高齢の方が多かったため、造血幹細胞移植を行ったかたを見たことありません。しかし治癒が期待できるのは造血幹細胞移植だけですね。

ドナー、体力など条件がそろえば造血幹細胞移植も適応になるかもしれません。
ただ移植前に化学療法をうけなければならないなど体力をかなりうばう治療ですので
メリット、デメリットを考えて医師が治療方針を決めていると思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる