ここから本文です

金融商品販売法は、重要事項の説明義務違反による損害が生じた場合には、契約の取...

iwi********さん

2014/11/619:07:14

金融商品販売法は、重要事項の説明義務違反による損害が生じた場合には、契約の取消ができることにしている。はどこが誤りですか?

閲覧数:
239
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kok********さん

2014/11/622:18:07

契約の取消ができることにしているのが誤りです。

金融商品販売法は、金融商品販売業者が、金融商品の販売に際して、顧客に説明すべき事項及びそのことを説明しなかったことにより、当該顧客に損害が生じた場合、金融商品販売業者の損害賠償責任並びに、金融販売業者等が行う金融商品の販売等に関する勧誘が適切になされることを目的とするものです。

よって、損害賠償責任が生じるが正解です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる