ここから本文です

先日、羽生結弦選手が直前の練習で中国の選手とぶつかって流血するほどの怪我をす...

さん

2014/11/1100:42:49

先日、羽生結弦選手が直前の練習で中国の選手とぶつかって流血するほどの怪我をするという事件がありました。

それでも、2人は演技を最後までやりとげ、羽生選手は二位に入ることができました。
素直な人たちなら、誰もが感動したと思います。

しかし、これらについて批判的な意見があるようです。

①あんなに流血して、頭も打ったのに試合に出させたのはおかしい!あれは出ちゃダメだった!
②中国の選手がわざとぶつかったんでしょ?ありえなくない?
③あんなに転んで二位とかありえない!絶対おかしいしこんなだからフィギアはつまんない!

等です。

まず①について、確かに危険だったと思いますが、羽生選手はどうしても出たかった。コーチが言っても聞きそうになかった。これはもう羽生選手の心意気を褒めるしかないじゃないですか?
後からあれは出るべきじゃなかったって、そんな議論必要ないと思うんです。意味がない。
あの時自分で羽生選手は判断し、自分の責任は自分でとるつもりだったと思います。
なのに、後から出るべきじゃなかったとか、コーチがとめないのはおかしいとか、少し違うと思います。
②について、何度映像を見ても、わざとに見えません。まず、何でわざとって思うんですか?中国人だからですか?
そうだとしたらおかしいと思います。中国人みんながひどい人な訳じゃないですよね?ひどいのは一部の人や、政府の人間です。疑うんじゃなくて、私たちが信じ切って、それでもわざとだったら中国の選手は罪悪感に見舞われると思います。
わざわざ根拠もなしに、わざとと言うのはおかしいと思います。
③について、点数のこと、少し調べました。おかしいって言ってるのは、フィギアなんて詳しく知らない人たちなんだと思いました。なぜなら、羽生選手のフリーのベストは190だいで、完璧にすべれば200点はいくような設定だからです。
失敗しても、全部ジャンプもとんでたし、表現力、スピン含めて、羽生選手は点数にみあう演技をしたと私は思います。

①、②、③について、私と同じ考えでも、違う考えでも、何か考えを聞きたいです。
私は羽生選手に心から感動しましたが、そうではない人たちがたくさんいるのを知って、考えを聞きたいのです。
よろしくお願いします!

閲覧数:
1,173
回答数:
11
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nao********さん

2014/11/1115:07:33

②③については質問者様とほぼ同意見です。
①についてはそれでも私は出場はするべきじゃなかったと考えています。

あの時、羽生選手は『自分の選手生命がここで終わってもいい』くらいの覚悟があったのかもしれません。それはそれで羽生選手の人生だし良いと思います。
でも、羽生選手は世界選手権とオリンピックでの金メダリストです。まさしくトップ選手です。

ここまで酷くなくとも同じように選手同士の接触事故は今後もありえると思います。(どれだけ時間を延ばしたり人数を減らしたりしても、貸切練習でもない限り可能性はあります。)

その時に体に不調が出ても強硬出場する選手が増える可能性があります。『だって羽生は出たんだから』と。
それでもシニアの選手はそれもまた自己責任であり自分の人生なので良いかもしれません。でも、まだ体が発育途中のノービス・ジュニアの選手だったら?
憧れの羽生選手は怪我しても試合したので自分も同じように出来ると思ってしまうかもしれません。

逆に体に不調を感じて棄権した選手に対し、批判される可能性もあります。『あの羽生は出れたのに』と。
実際、ジュニアの選手ですが懸念(自分が怪我で棄権したときに今回のことを持ちだされたら堪らないといった内容)を呟いている人がいました。

変な話かもしれませんが、羽生選手がトップ選手であったばかりに今回のことである種の【基準】みたいなものを作ってしまったのではないでしょうか。
そういった影響力まで彼は考慮出来れば良かったと思うし、今後は考慮すべきだとも思います。

質問した人からのコメント

2014/11/13 00:34:22

回答ありがとうございました!
②と③は、私の考えと似ている人がたくさんいました。
しかし、①はやはり賛否両論ですね。
みなさんの意見を聞いて、納得できるのもできないのもありました。(理解できなかったのもあるのかもしれません…)
感情的に批判するわけでもなく、本質をわかりやすく説明してくださった方をベストアンサーに選びました。
でも、みなさんの回答は全部参考になりました!あらためてありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yos********さん

2014/11/1114:46:41

①について異論ありです。
確かに、もう出てしまった以上、あとからあれは出るべきではなかったといってももう仕方のないことではあります。でも、今回のけがが元でスケーターとしての本来のセンスを取り戻せなくなっていたらと思うと心配でなりません。試合中や練習中のけがや事故でそれまでできていたことができなくなって長期スランプに陥ったり、選手として円熟の域に達することなく引退を余儀無くされたアスリートは少なからずいるのです。僕は、彼がソチの団体戦ショートプログラムで見せたような世界中をうならせるキレキレの演技をまた見たい。北京で見せたあのようなぶざまな滑りで終わって欲しくない。ただそれだけ。
北京で彼が見せたあの演技で感動できる人は、おそらく演技そのものよりも「羽生結弦物語」に酔いしれているだけのように思えます。そうじゃないと思うんです。彼は何よりもスケートで人を酔いしれさせてなんぼの世界に住んでいる人なのです。もし彼が、北京で見せたあのぶざまな演技であなたのような多くの日本人が「感動した」と知ったらなんと思うでしょう。「あんな演技で感動しないでくれ!」と思うにちがいないと思いませんか。

なるほどね。

まず今回の一件を受けて、大きく2つの問題点を挙げます。


1.あのような状況下における出場可否ルールが
きちんと【明文化】されていなかったこと。

結論から言いましょう。

あれは羽生選手が悪いのでも、コーチ陣が悪いのでもない。

【出場可否判断を本人・コーチ陣の意思】に
委ねられている【ルール】が問題だったのです。

選手自身は当然【滑りたい】でしょう。

また、【教え子の気持ちを尊重したい】と判断する
コーチ陣の心の内も推し量ることができる。

であるならば、【ルール改正】して
誰の判断に依存しないものとする必要があります。

今回の出場判断については、世論(外野席)から
賛否があるようですが、私は全く【意に介していない】

出ても批判され、出なくても批判されるのは
目に見えていますからね。

羽生選手はさらに【一流選手】になりたければ、
↑このような【騒音】をシャットアウトできる
【より強靭な精神力】を学ぶいい機会になったでしょう。


次に、2.点数(順位)問題について触れます。

今回のジャッジはおかしかったのかですが
これについて【異論はないね】

何故あの点数が出たのか、何故2位になったのか
↑こんなことは考える必要もなければ
あれこれ【俎上に載せる意味もない】

にもかかわらず、何故世間はあのように騒ぐのか?

それは【マスメディアの伝え方による問題】が
大きく影響しているからです。

要するに【ジャッジ】が問題なのではない。

あれを【記憶に残る演技!】【感動を呼ぶ演技!】と
称える風潮こそが問題なのです。


あなたの一文を引用しましょう。

> 演技を最後までやりとげ、羽生選手は二位
> 素直な人たちなら、誰もが感動したと思います。

私は全くあなたとは異なる印象です。

そもそも出場判断自体が【本人の意思】です。
それをあえて【英雄扱い】しようと思いません。

私からすれば【リンクに上がれば皆同じ】です。

怪我をしていようがいまいが、
コンディションが良かろうが悪かろうが。

すべてを受け入れ戦うのが【アスリートの世界】だから。

あなたは【違うのですか?】

私にとっては【中国大会に羽生選手が出場した】
これが全ての事実であるだけです。

この上で、彼の演技は【本当に誰もが感動する】
出来栄えだったのでしょうか??

あの演技に素直に感動できなかった私は
【ひねくれ者】ですか??

【感動レベル】でフィギュアスケートを語るなら、
羽生選手がソチ五輪のショートで魅せた演技の方が
他を凌駕する圧倒的な【美しさ】【気高さ】でした。

はたまた、その昔トリノ五輪での荒川静香のFPには
【指先の向こう側の世界】を私は見たね。

指先のさらに先の爪の先端ミリ単位の世界まで
彼女の意識が向いている・・・そんな演技。

http://youtu.be/8g0ghQMLORI

優雅でありながら、内側から溢れ出る
そのエネルギー熱量の強さに圧倒され
彼女の演技には今でも【素直な涙】が止まりません。

あなたのような人間はもっと【冷静】になった方がいい。

あなたは【彼の何に感動】したの?

転倒を連発したジャンプ?
明らかに安定感を欠いたスピン?

私のような人間にも分かるよう
あなたの【感動の根拠】を説明して下さい。

あなたは【彼の何の要素に感動し涙したのか】

では最後に・・・

ソチ五輪での浅田真央然り、今回の羽生然り
フィギュアスケート競技について、【誤った感動論】を
恥ずかしくもなく押し付けるファン層がいることに
私は危惧し、未来の選手育成に警鐘を鳴らします。

↑こういうファン層が【日本のフィギュアをダメにする】

人々に【真の感動】を与えるのは、
【強く】【美しく】【パーフェクト】な演技だけです。

以上

ama********さん

2014/11/1112:34:59

私も質問主さんの①、②、③で合ってると思います。
そして、これを言うと有識者に怒られますが「滑ってくれてありがとう」と羽生選手に言いたいです。

彼自身のためを思えば、滑るべきでなかったが正解だと思います。
だけど、たぶん自分は、正解だけではできてない人間としてはダメな部類なんですね。
驚き、羽生選手の身を心配しながらテレビを見ましたが、見終えた時に「なんと素晴らしい滑りだったのか」と震えました。

彼の演技の質の高さはコンディションの良い時の滑りで分かっていますが、点数を超えた演技はいつもできるものではないようです。
見る側が怪我に同情して、ではなく。
異常なほど殺気立ち、集中した羽生選手が生み出す演技は、転倒も演技のひとつのようです。あの演技の間彼は異常なほど高い緊張をとぎらせなかった、だから転倒もひとつの演技の流れに見えたように思います。

ファンなら失格ですよね。選手生命を危うくするところだった滑りをありがたがるなんて。
けれども一観賞者として「ありがとうございます。素晴らしい滑りで感動しました」という言葉が頭の中でぐるぐるしています。

正解は一つ「滑るべきじゃなかった」です。が、世界は正解だけでできてない――かもしれないと思わなくもないような……。

ich********さん

2014/11/1110:43:52

私は質問主様と同じ意見の人間です。
ただ、当日は感動もありましたが、それよりも不安や心配が大きかったです。

①は周囲の制止は十分にありました。その上で選手本人が出場したいと意志を貫き、必要最低限に脳震盪の可能性を注視した結果本人の意思にそった、そういうことと思います。
後からとやかく非難することは、するのであれば競技にかかわる人(スタッフや団体や他選手など)たちがすることで、競技のことを知らない立場の人たちのすることではないと思います。
議論はあっても良いですが、非難は必要ないと思います。

ただ、議論が非難に聞こえる時もあるのと、今回はこの話を感動的な美談にするのではなく今後のための議論の題材として話し合われるべきだという意見があるため、全体的に非難の風潮に見えてしまうのだと思います。
その理由はただ一つ、選手の生命の危機だった可能性もあるから、です。
ということは皆さん羽生選手の身体を心配し思いやっての議論でもあるわけですから、一概に負の印象として捉えるのではなく、羽生選手の身体を皆心配している、と受け止めても良いと思います。
何にしても腰も含めての全回復を望みます。

②は、嫌な意見ですよね。
色々な意味でありえません。
エンカン選手がわざとぶつかったこともありえませんし、そういう意見が出ることもありえません。
②も③も、フィギュアスケートに詳しく無い(フィギュアスケートファンでは無い)人から出る意見で、そういう人は、心の中で勝手に思うことは個人の自由な思想ですので仕方が無いと思いますが、公共の場で語るのはやめて欲しいなと思います。
もう少しきちんと理解を深めてから判断して欲しいです。

ただ、③は、元々フィギュアスケートは採点が細かかったり点数の判断が難しく、何故?と思われる部分もあるので(昨年度の試合で浅田選手のジャンプの回転不足の判断も、スローで元選手が見ても判断が難しい、という解説内容を聞いたりしました。)、勝ち負けや採点がわかりにくくてスッキリしない、という感じは今回に限らずフィギュアスケートには存在すると思います。

nat********さん

2014/11/1110:03:05

NHK杯は見送って、全日本選手権に万全の体調で挑み、転倒のない美しい演技が見たいですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる