ここから本文です

超音波流量計についての質問です。 伝搬時間差法と伝搬時間逆数差法の違いを教え...

a01********さん

2014/11/1319:25:03

超音波流量計についての質問です。
伝搬時間差法と伝搬時間逆数差法の違いを教えてください。
測定方式の違いがいまいち理解できません。

閲覧数:
365
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

2014/11/1400:10:54

流れと順方向、逆方向での超音波の到達時間の差から流速を計測するわけですから、データは2つの時間のみです。ですから、時間差でも時間逆数の差でも結果は同じになります。問題は、その不確かさです。測定量は時間なので時間にある不確かさがつきますが、計測したいのは時間差ではなく流速です。L=VT(Lはトランスデューサ間の距離)からV=L/T なのでδLはδTではなくδ(1/T)に比例します。δTはTの大きさに(あまり)よらず一定でしょうから、時間逆数差でやると、Tの大きさに(あまり)よらない不確かさで測定できます。逆に時間差では、δV=LδT/T^2なのでTが小さいほど速度の不確かさが大きく出てしまいます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる