ここから本文です

外壁塗装工事なのですが妥当な相場か教えて下さい。15年目で初めてハウスメーカーで見積も...

ini********さん

2014/11/2520:38:31

外壁塗装工事なのですが妥当な相場か教えて下さい。15年目で初めてハウスメーカーで見積もりをとりました。それぞれの単価です。

①外部足場㎡:900円②飛散防止養生(メッシュシート)㎡:300円③昇降設備一式:30000円④外壁目地シーリング打ち替え補修m:1350円⑤外壁高圧洗浄㎡:270円⑥外壁塗装単色(THコートBD下塗+THコートG~3工程)㎡:2550円⑦屋根板金(THコートJB錆止+THコートTsi~2回)m:1200円⑧鼻隠し・破風(THコートJB錆止+THコートTsi~2回)m:1140円⑨軒裏(THコートRB)㎡:1800円⑩シャッターBOX(FK塩ビプライマー+THコートTsi~2回)m:1200円⑪土台水切(FK塩ビプライマー+THコートTsi~2回)m:1550円⑫雨樋(堅樋)(THコートTsi~2回)m:1080円⑬その他塗装(THコートTsi~2回)一式:45000円 総額200万でした。

補足二階建です。外壁塗装は190㎡です。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
6,904
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

深澤 熙之さんの写真

専門家

深澤 熙之さん

リクエストマッチ

2014/11/2523:10:35

ハウスメーカーの見積りとしては単価はこんなところなのではと思いますが、肝心なところが見えなく、正直なのところ、外壁及びその他付随する付帯部分を塗って、綺麗に見栄えを良く見せるだけという見積りのように見えます。

外壁塗装の耐久性は下塗りをする前にといいますか、その下塗りも塗料の一種ですので、塗ろうとしている部分に塗膜が残っていれば、塗膜も何もない未塗装の新しい外壁面に塗るのとは違い、当然、粘着性が弱いので、耐久性はございません。

文章の上で見る限り、高圧洗浄270m2 と外壁目地シーリングm当り1350円と外壁の下準備としてこの部分が下地工事の部分となっています。

これだけの下地工事では耐久性はそれほどない、塗装工事となってしまいます。

下手すれば、2年~3年で塗装が剥離してきてもおかしくないといえる、下地工事の内容です。

40年以上、外壁リフォーム及び雨漏り欠陥住宅、湿気対策を現場にて工事をしてきた経験から言いますと、

過去より10年最低保証をするという業者が施工した住宅を5548件、見てきましたが、外壁塗装施工後10年以上、耐えてきた塗装を見たことはございません。

わかりやすく申し上げるとすれば、

車の焼付け塗装は住宅のただ塗るだけの塗装よりは遥かに技術力は上ですがそれでも10年経てば、色あせています。

ですので、既存の外壁材や屋根材は古くなっても塗膜が残っている部分は防水がまだ効いている部分でもありますので、その上から塗料を塗れば、塗膜も何もないところへ塗るより耐久性は半分以下になるのは当然です。

ですので、塗装の下地工事をする前の既存の外壁や屋根の表面処理、劣化した塗膜等をどれだけ手間をかけて、撤去させるかがポイントです。

その手間も仮に100m2屋根材の塗膜の除去を金ブラシやヤスリ等、ブラシで削り落とすという作業をして屋根塗装を施工した経験もありますが、その塗膜を落とす作業だけでも40人工から50人工くらいの作業がかかりました。
その作業として人工代として職人に支払う金額は60万円~70万円くらい支払いました。

とにかくやってみようという事でやってみたのです。そのような工事をした家はこの45年の間で、十数件しかないのですが、塗装にそこまで予算をかける必要があるのか、価値があるのか?という事がありましたが、経験しないことにはわかりませんでしたから、

それから、通常行われている手順どおりの塗装工程を完了した住宅は流石に8年は持ちましたね。

そういった手間をかけた作業をしないで一般的に最低限しなければならない、塗装工事の工程でいくら高圧洗浄を念入りにかけて、既存コーキングを撤去後、新しくコーキング材を丁寧にしても、平均すれば5年くらいの耐久年数でした、中には1年や2年で塗膜が剥離してしまうという住宅もありました。

結論として、外壁塗装や屋根塗装は塗ってみないとどれだけ耐久性があるのかわからないというところが実態です。


既存の屋根や外壁の状態は5年、10年、15年経つ事に 水分も多く浸み込んでいますし、カビやコケが 屋根材や外壁材に含まれているケースもあり、そういった部分も耐久性に影響してきます。

今まで、5500件以上、過去、外壁リフォーム工事を携わってきた経験から言いますと、
5500件の住宅はそれぞれ一軒々、すべて外壁、屋根などの環境が違いますので、

それぞれの住宅の環境、状態によって、手間も変わってきますし、100万円くらいの予算ではすぐに塗料が1.2年で剥離して劣化してしまう事になるので最低限5年以上持たせるには倍の200万円以上かかるというケースも数多くあります。

ですので、見積り金額が妥当かどうかという判断をする前に、現在、住んでいる住宅が築年数何年経っていて、また、外壁の状態がどうなっているのか?、また、外壁の裏側の部分が防水シートが外壁の裏面に直に密着しているのか?隙間があるのか? 家全体の湿気はどのようになっているのか?・・というふうに家全体の細かい部分まで現状の環境を認識してからでないと、

正しい、外壁塗装や屋根塗装または外壁塗装以外の外壁リフォーム工事の正しい工事方法(一軒々の家に適した最善な方法の工事工程が組めないわけなのです。

今日も雨漏りしているのでもう塗装では雨漏りが直らないので現場調査をして欲しいという住宅を丁度、雨が降っている日だったので、見てきたのですが、その住宅は半年前に地元近所の塗装業者に外壁塗装を頼んで塗装したばかりで、塗装する前は雨漏りしていなかったのに、半年前に塗装してからしばらくしてから雨漏りがするようになった住宅でした。

雨漏りの原因は外壁塗装としての仕上がりやコーキングの見た目の仕上がりは近所では評判どおり綺麗なのですが、
外壁塗装やコーキングのやり変えをした事により、外壁塗装をする前における
外から浸入した雨水がまた外壁の外へ逃げていた部分(雨水の通り道)が外壁塗料とコーキングでその逃げ道が塞がり、家の中に雨漏りとして浸入している状態でした。
(現場にて、気になるところを3箇所カッターで外壁材とコーキングを切って様子をみたところ、雨漏りしている数箇所のうち1箇所が雨漏りがしなくなって、相談者もびっくりしていました。)

結果的には外からの雨水を防ぐ事しか考えていず、雨仕舞いの仕組みがわからなかったからでしょう?(塗装業者(塗装職人の集まり)なのでそこまで望んでも仕方ないのですが・・・)

長くなりましたが、外壁塗装も外壁リフォームの一種ですが、外壁の塗料の種類である製品の選択や塗装の値段の比較よりも

外壁リフォーム工事の工程である工事手順と下地処理をどこまで手間(コスト)をかけてするかどうかで、耐久性が変わってきます。

また、外壁塗装をする事により(特にコーキング施工ですが)外壁の気密性が高まります。逆に、湿気、結露や雨漏りの原因にもなり得る事になりますので、そういった、肝心な工事方法を現場にあわせて、最善な方法を選択していかなければなりません。

外壁塗装でカビ、結露の問題にならないようにするという事は正直、無理があるのですようね。

きちんとした外壁塗装工事=外壁の気密性を高める=湿気が外壁で塞ぎ、結露になりやすくなる。

長くなりましたが、参考になれれば幸いに存じます。

PS:写真画像は築年数15年になる外張り断熱工法で機械設備による24時間通気換気システムによる当時の最新型の木造建築の建物です。
写真画像は柱5本+6箇所の外壁下地部分に白蟻が発生し、除去をしたのですが、そのうち一箇所である建物の角部分の通し柱です。

ハウスメーカーの見積りとしては単価はこんなところなのではと思いますが、肝心なところが見えなく、正直なのところ、外壁...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

深澤 熙之さんの写真

深澤 熙之

建築プロデューサー

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱通気リフォーム専門メーカーです。 リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、 独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。 家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施責任施工を...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ao2********さん

2014/11/2521:24:06

現場監督をしています。
単価的には、足場は少し高め、外壁塗装は安い、ですが正直単価で比べても比較になりません。見積金額は単価x数量だからです。数量を多めに拾って単価を安くするところもあります。トータル金額としては塗料の仕様にもよりますが、高くもなく安くもない一般的な金額だと思います。もっと安いところもあり、価格のばらつきのある工事ですが。何階建てなのかとか屋根形状によって面積がだいぶ変わるので目安ですが、35坪前後くらいであれば、妥当な金額だと思います。
一般的に新築でない限り、改装工事などで10年間も保証をしてくれるところはまずないです。せいぜい1〜2年、あっても5年でしょう。保証の内容も性能保証や見栄え保証など様々です。ハウスメーカーということですので、中には10年目でこういった工事をすれば新築時の保証がもう10年(11〜20年目まで)延長できるというところもありますが、今回は15年目ということなのでそういったサービスはないと思います。

bit********さん

2014/11/2520:40:26

前にも見たけど 2度目かい。---------------------------

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる