ここから本文です

試製甲自動小銃や試製二型機関短銃などの試製兵器は戦地で使用されたと言われてい...

ken********さん

2014/12/222:23:05

試製甲自動小銃や試製二型機関短銃などの試製兵器は戦地で使用されたと言われていますが、そのような試製兵器はどのような経緯で部隊配備が行われたのでしょうか?

閲覧数:
99
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pro********さん

2014/12/308:33:34

試作品は戦地では使いません。
「まぼろしの自動小銃」と言う本を読んで下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gyo********さん

2014/12/313:09:05

試製○○と呼ばれる兵器は手続き上制式となっていないだけで量産品の場合があります。本当の意味での試作品とは限らないんですね。
たとえばヘンダーソン飛行場砲撃に使用された三式弾はその時点では試製三式通常弾という名前で量産されていたものです。制式になった(制式名は「三式焼散弾」)のはその二年後。戦闘機の雷電や紫電も制式化の通達は昭和19年10月27日付なので、それ以前に生産され一部が実戦投入までされた機体は正式(正式と制式は意味合いが違うので注意)には試製雷電、試製紫電でした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる