ここから本文です

センター地理

mas********さん

2014/12/516:13:19

センター地理

北アメリカの方がヨーロッパより肥沃な土壌の割合は多いのですが?
自分的にはヨーロッパのがポドゾルの割合も少なく、砂漠もないので、ヨーロッパの方が適していると思いましたが、答えは北アメリカでした、、
でも北アメリカのが農場あるイメージもあるし、、、どう思いますか?

補足回答ありがとうございます。問題集のものなのでいつのセンター問題なのかはわかりません
グラフでふたつのうちの一つ目は肥沃な土壌の割合が半分、そしてポドゾル約40%、残りが砂漠土、ラトソルです。
ふたつめは65%がポドゾル、25%が肥沃な土壌、残りが砂漠土です。
肥沃な土壌とは黒色土や褐色森林土などをさします。
これで、一つ目北アメリカ、ふたつめはヨーロッパでした。ヨーロッパのがポドゾルの割合が多いのが謎です

閲覧数:
656
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

len********さん

2014/12/523:15:26

通常ヨーロッパは、ウラル山脈以西を指します。この地域は針葉樹と落葉広葉樹の混合林から針葉樹林が植生の主体です。ポドゾルは針葉樹林相=寒冷な地域に発達する土壌です。ヨーロッパはアメリカと比べて低緯度地域が少ないので、もともと針葉樹林の割合が大きいのです。メルカトル図法で高緯度が広がった地図で判断すると間違うかも。
肥沃な土壌というのは、プレーリーなどの草原地域に形成される黒色土が代表で、これは中央部から中西部に乾燥気候Bの広い北アメリカのほうが広いことが割合の大きな原因です。これは土壌のことをききながら、実は気候分布の割合を聞いている問題なのです。
それがわかると、この問題のポイントは、一つ目にあって二つ目にないラトソルであることに気がつくはずです。北アメリカにはメキシコ付近に熱帯気候Aが分布するのに対し、ヨーロッパには熱帯気候は分布しません。似た気候である地中海沿岸は石灰岩の分布が広いせいで、テラロッサという岩石分布が制約する土壌の分布域になります。

質問した人からのコメント

2014/12/6 08:22:58

みなさん、回答ありがとうございました(^_^)
無事解決しました!!!!!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fio********さん

2014/12/520:54:38

氷河期にアルプス以北が大陸氷河におおわれて、削平された北ヨーロッパ平原は土壌に乏しく、その後になかなか森林が生育せず、冬枯れた草が腐敗せずに形成された泥炭層が広がった場所も多くあります。

カナダから北東アメリカも同様な氷河地形です。
しかし、北アメリカ全体となると様々な土地があります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

log********さん

2014/12/519:43:01

センター試験地理Bで見かけた覚えがない問題ですが、どのような問題でしたでしょうか。もう少し詳しく書いていただけると、何か言えるかも知れません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる