ここから本文です

イラストレーターで特色DICの2色で印刷するデータを作成する場合に、ドロップシャ...

sir********さん

2014/12/907:28:15

イラストレーターで特色DICの2色で印刷するデータを作成する場合に、ドロップシャドウの影の色は気にしないでよいのでしょうか?

使っているDICカラーを、影のカラーピッカーからは選択することはできませんよね?・・・
よろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,225
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nor********さん

2014/12/913:33:11

特色2色の一般的な印刷データ作成法
CMYKのいずれかを各特色に割当ます。

例)
DIC123→C100、DIC456→M100に置き換えてデータ作成。

特色2色でのドロップシャドウの設定
4C印刷の場合は通常ドロップシャドウと言うとBL系(濃い色)を設定するのが普通ですが、特色2色の場合は上記のようにCとMを割当作成した場合、ドロップシャドウでBLを使用するとC+M+Bとなり、特色2色(C+M)+プロセスカラー(B)の3色扱いになってしまいます。

このような場合にはCとMの掛け合わせスウォッチを設定して(例えばC100+M100)のような濃度の高い色でシャドウを適用しましょう。(添付画像左)

後はアートボードの上(下でもかまわないけど)添付画像右のように変換指示を表記するかカラーチップを添付するだけです。ちなみに[特色2色印刷]と表記はレジストレーションカラースウォッチにしています。これも特に表記しなければならないと言うことはありませんが…。

業者によってはプロセスカラーに置き換えてのデータ作成でなく、イラストレータに用意されたDICカラーでダイレクトにデータ作成しても可のところもあります。
依頼予定の業者の推奨制作法に準じる事です。

>DICカラーを、影のカラーピッカーからは選択することはできませんよね?
先回答者様がすでにお答えになっていますが、可能と言えば可能です。
ただ、この場合は特色2色のいずれかを選ぶしか方法はありません。従って表現幅に制限があると言うころです。

特色2色印刷の場合、始めからプロセスカラーで作成するのでなく、DICカラースウォッチで作成し実際の仕上がり状態をシミュレートし、後でプロセスカラーに変換してもいいでしょう。

特色2色の一般的な印刷データ作成法
CMYKのいずれかを各特色に割当ます。

例)...

質問した人からのコメント

2014/12/9 13:51:16

分かりやすく、丁寧なご回答ありがとうございました。
他の方もありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

oeb********さん

2014/12/909:42:11

カラーブックから特色をあらかじめダブルクリックして
スウォッチに入れておけばできますけどね。

カラーブックから特色をあらかじめダブルクリックして
スウォッチに入れておけばできますけどね。

pho********さん

リクエストマッチ

2014/12/907:53:07

特色2色なら、CMかKMで作っとけばいいよ。文字のあるほうがスミだな。

グリーンと赤なら、CMとか、カンプ出したときにイメージに近い方の色を使う。

DICカラーで作って、画像はどうするつもりなんだ?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる