ここから本文です

社会の班田収授法とは誰が定めたのですか?

sss********さん

2014/12/1214:21:26

社会の班田収授法とは誰が定めたのですか?

閲覧数:
4,501
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zun********さん

2014/12/1223:21:32

改新の詔をだしたときの、孝徳天皇か、実権を握っていたとされる中大兄皇子のいずれかと考えられます。

ただ、実際に班田収授法に必要な「戸籍」がはじめて作られたのは、天智天皇か天武天皇のころとされ、それまでの20~30年あまりの間に、具体的な法整備がなされたと見ることも出来ます。

班田収授法は、中国は唐王朝の「均田制」をもととしており、両者の間にはけっこうな違いがあるとも言います。
であれば、孝徳政権が政変の翌年に、法律を定めたと見るよりは、詔の段階では政策提言であり、天智か天武が班田収授法という「日本流」の法律に整えたと言った方がいいかもしれません。

質問した人からのコメント

2014/12/14 18:44:44

わかりました!
ありがとうございます(。>A<。)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mug********さん

2014/12/1217:00:57

第36代孝徳天皇です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる