ここから本文です

禁煙は開始して5日程たちました。 喫煙歴7年程で一日一箱の喫煙チャンピックスを...

hfg********さん

2014/12/1512:40:37

禁煙は開始して5日程たちました。
喫煙歴7年程で一日一箱の喫煙チャンピックスをもちいての禁煙です。

まだ完全に禁煙して5日ほどしか経ってないこともあり、まだまだたばこを吸いたいと気

持ちがありますし、たばこのない生活に戸惑いを感じています。

朝起きての一服、食後の一服、勉強の休憩の一服、たばこの習慣がなくなってしまって、たばこを吸っていたであろう時間にふと、あれ?と戸惑います。

たばこが吸いたいという気持ち、
たばこの習慣が抜ける生活が来るのはいつなのでしょうか。頭の中で天使と悪魔が囁かない生活はちゃんとくるのでしょうか。

閲覧数:
181
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2014/12/1514:05:13

最終的には主様の意思です。
3ヶ月の治療後に再喫煙していしまい失敗する方が多いので注意が必要です。
年末年始は飲み会も多いですからお酒で気が緩まないようになさって下さい。

3日でニコチンが抜け3ヶ月で喫煙習慣から抜けます。
禁煙治療の3ヶ月はそういう意味があります。
タバコを吸う前の主様に戻るだけです。

卒煙、頑張って下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

spi********さん

編集あり2014/12/2107:05:55

禁煙5日おめでとうございます
喫煙歴十数年?で禁煙して三年目くらいです

吸いたいと思うのが悪魔の囁きでしょうか?だとしたらまだまだ吸いたいとは思います
回りが吸うのを見ていいなぁ羨ましいなぁも思います
そう思う気持ちを否定しない
でも自分は吸わないで生活できるようになったから今は吸わないだけです

禁煙 頑張りましょう!!!

ms5********さん

2014/12/2102:51:54

チャンピックスの2つの効果

チャンピックスは禁煙のための飲み薬です。
タバコを吸うと、脳にあるニコチン受容体という部分にニコチンが結合して、快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。
チャンピックスは、この受容体に結合することで、ニコチンの場合より少量のドパミンを放出させて、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くします。
また、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔して、禁煙中に一服してしまったときの“おいしい”といった満足感を感じにくくすることにより、禁煙を助ける薬です。

禁煙治療は12週間が基本です

12週間の禁煙治療は、医師に相談なく中断しないことが大切です。
自分の力だけで禁煙できると考えて治療を中断すると、医師のアドバイスや薬の処方が受けられなくなるため、禁煙は失敗しやすくなります。
表は、禁煙治療から9ヵ月後も禁煙を続けている人の割合を、治療を受けた回数別に示しています。
初回の治療を受けただけで中断した人では、禁煙を続けているのはわずか6.5%ですが、12週最後まで受診した人では49.1%と7.5倍に増加し、2人に1人が禁煙していました。

再喫煙の危機は、3時間後、3日後、3か月後、3年後ぐらいに訪れます。
ミント系の歯磨きで歯を磨く、シュガーレスガムをかむ、などで乗り切りましょう。

チャンピックスの2つの効果

チャンピックスは禁煙のための飲み薬です。...

tka********さん

2014/12/1817:20:54

喫煙歴 15年 一日一箱 禁煙歴 7ヶ月の者です。

一ヶ月過ぎれば楽になりますよ。

5日という事は、地獄の3日間を乗り切ったんですね。
僕の中で、その3日を乗り切れば成功でした。
それ以上の苦しみは、きません。
その3日の苦しみを二度と味わいたくないと思って乗り切って下さい。

悪魔は、今でも、このタイミングで吸ってた時、うまかったなとか思います。
でも、大した悪魔ではありません。

禁煙がんばって下さい。

2014/12/1813:01:29

ニコチンは脳に作用してドーパミンを分泌させるのですが、これが喫煙でリラックスしたり快感を感じる理由です。
しかし、ニコチンは同時に脳が自力でドーパミンを分泌する能力を奪ってしまうため、喫煙者は継続的にニコチンを摂取しなければならなくなります。

これがニコチン中毒です。

しかし、個人差はありますが禁煙をして2,3ヶ月も経つと、脳は再び自力でドーパミンの分泌を始めます。
この時点でニコチン中毒は治ったと言って良いと思いますし、禁煙が本当に辛いのもここまでです。

しかし、体の中毒は治っても心は喫煙の快感を記憶しています。
禁煙してから数ヶ月後、数年後に再び喫煙をしてしまう人が多いのは、これが大きな原因です。
なので、禁煙を機に残念ながら煙を嫌いになれなかった人は、一生禁煙をするつもりでいなければなりません。
しかし、ニコチン中毒とは違い衝動的に吸いたくなるような感じではないと思うので、自制する気持ちさせあれば大丈夫だと思います。

また、習慣に関しては割りと早く慣れます。
自分は心配していた手持ち無沙汰感などもすぐに感じなくなりました。

心に「今までの自分とは違って禁煙しているんだ!」と思い込ませるため、家の大掃除や模様替えなどをするといいかもしれません。

余談ですが、チャンピックスはニコチンの脳への作用を遮断し、同時に脳に少量のドーパミンを分泌させる薬です。
つまりニコチン切れによる禁断症状を抑えながら、脳にニコチンを忘れさせる薬なのです。

qgw********さん

2014/12/1604:19:52

そのうち忘れますよ〜。
だいたい1カ月くらいが山場だと思います。
私はそれくらいの時期、タバコがなくてあれ?と戸惑う事が嬉しかったです。
やっとやめれたんだ!という実感がして。
吸いたいと思う気持ちも、ニコチンが抜けてる証拠だと思えば、誇らしいというか。
いや、本当はそう思い込んでいただけかもしれませんが、
それくらいやめたい!とハッキリ意識していた方が、
心身もラクですし絶対に成功します。
確かに時間が経てばタバコの事も忘れますが、、
数ヶ月後にまた吸いだす人も多いです。
勝手に記憶から消えるわけではないけど、意志をハッキリと持ち続けていればタバコはいとも簡単に跳ねのけれます。
意志のない人はタバコの操り人形になります。
主体であるあなたが、吸いたいか吸いたくないか、ただそれだけですよ(*^o^)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる