ここから本文です

司馬遼太郎の項羽と劉邦のあらすじを大まかに説明してください(ू˃ ︿˂ ू) 作文に...

bas********さん

2014/12/1723:43:20

司馬遼太郎の項羽と劉邦のあらすじを大まかに説明してください(ू˃ ︿˂ ू)
作文に書くのででも、詳しく。。。

閲覧数:
1,372
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuk********さん

2014/12/1811:21:19

項羽
むっちゃ強い、最強の鬼。
劉邦
むっちゃ弱い、耳がでかい。
このお話は、なんで劉邦さんが勝ったの?が本筋。

事の始まりは、秦がむちゃくちゃ厳しい法律を作って国民を激怒させた事。
そして、秦の始皇帝の死を契機に各地で乱が勃発。
そんな状況下で、楚の王様が2人をはじめとした打倒秦を誓う将全員に言います。
「一番初めに秦に着いたやつが次の王だ!」
でやる気になったお二人。

項羽さんは楚という国の名家の生まれですしむっちゃ強いんですけど、その分凶悪でして兵士をがんがん犠牲にしたり、白旗降った秦の兵隊を虐殺したりと酷いもんでした。
連戦連勝。
でも、秦はでっかい国。なかなか着かない。

劉邦さんは農民上がりですしぼけーとしてます。一見アホのように見えます。
ですが、なんせ面が良いし、性格もいい。
そんな彼のもとには張良という天才軍師をはじめ多くの人が集まります。
劉邦さんは優しいので、むやみに人を殺しません。
戦国の習い「負けた武将は腹を斬れ」を破り、負けてもそのまんまでいい。ただ、道を譲ってくれればいい。
これが抜群に受けまして、ほぼ戦わずして勝ちまくり。
当然、劉邦が先に着きました。
が、俺の方が勝ちまくってんだろ、と怒った項羽にあっという間に奪い取られ、寒中という辺境の地に左遷。
イラっとしながらも、鬼みたいな奴には逆らえない。
仕方なく劉邦は辺境の地で項羽への反乱のための資金集めと人材発掘に努めます。
そこで得たのが、中国最強武将とも言われる韓信。さらに項羽を裏切った元犯罪者・鯨布。
十分な仲間を得た劉邦は、項羽を攻めます。
項羽強い、何度もぶつかるものの劉邦は惨敗を繰り返します。
しかし、項羽は一人ですが、劉邦には仲間がいます。
張良の巧みな後方支援や韓信の天才的軍略が発揮し始められると、次第に項羽といい勝負、そして次第に追い詰めていくまでになります。
項羽軍を追い詰め包囲した劉邦はとどめの一撃。項羽軍の中に自軍の兵を紛れ込ませ、楚の歌を歌わせます。
元々、楚出身の項羽軍の兵たちは歌を聴き、次々投降。
そして、項羽自身も圧倒的カリスマ性だけでもっていた自軍の中から楚の歌を歌うものが出てきたことにショックを受け、ボロ負け。ついに劉邦は項羽を討つことに成功しました。(これが四面楚歌の元ネタ)
劉邦は項羽無き秦に入ると、新たな国名を「漢」と名付け、真の王様になりましたとさ。
あとは劉邦ご乱心の感じが嫌いだから、覚えてない。

質問した人からのコメント

2014/12/18 18:45:00

感謝 ありがとうございます

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる