ここから本文です

HARG治療を行った方は何回くらい治療をうけて満足しましたか?

dea********さん

2014/12/1815:39:28

HARG治療を行った方は何回くらい治療をうけて満足しましたか?

もう6回受けました。
病院で言われた通りミノキシジルタブレットもプロペシアを飲みました。
HARG療法で効果が出ないなら他に手段はもうないのでは?と不安です。
これ以上の効果が期待できないなら別の方法を考えたいです。東京、千葉周辺でお勧めの医院があれば教えていただきたいです。

宜しくお願いします。

閲覧数:
3,947
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sum********さん

2014/12/1905:42:10

.6回もやって効果がないのならお金の無駄ですね。薄毛、抜け毛は生活習慣病なんです。頭皮は髪の畑です。髪は血液から栄養をもらっています。加齢による動脈硬化や運動不足で頭のてっぺんまで血が上りづらくなれば誰でも薄毛になり、抜けていきます。また頭皮は全て毛細血管なので頭頂部には特に血液が届きづらくなる為に薄毛、抜け毛が進行するんです。毎日2キロのスロージョギング「有酸素運動」で育毛剤以上の効果をえられます。毛細血管も発達します。即効性の頭皮マッサージも必要です。また市販されている育毛剤「リアップ等」は全て血流を良くするものです。ですから必ず頭皮マッサージをしてください。と説明書きがあるはずです。あとは栄養ですね。納豆巻を毎日1本食べてください。どんどん回復しますよ。普段シャンプーをする前にブラッシングをして充分なゆすぎが大切です。シャンプーの化学化合物が毛根に吸収されると毛根細胞を痛めるからです。そして乾かしてください。その他帽子、ヘルメット、パーマ、毛染め、ワックス、たばこ、ダイエットは薄毛を進行させます。海苔、酢飯、納豆それぞれに育毛効果がありそのバランスがとてもいいんです。一ヶ月で効果がありますよ。またダイエットをしても納豆巻だけは食べ続けてください。「海苔がメインです。」まずは1,2ヶ月試してください。またAGA治療薬プロペシア「抜け変わりの早くなった髪のリサイクルを遅らせる?」は勃起不全などの副作用があります。これでも効果がない場合は毛母細胞が死んでいるかもしれません。カツラを検討してください。3年後に画期的な植毛方法も出ますよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kam********さん

2014/12/1916:17:14

HARGが効果がなかったといえ、諦めることはありません。
育毛病院に来院されていたようですが都内であれば様々な育毛治療を行うクリニックが存在します。

HARGや育毛メソセラピーとはダーマローラーのように外科的に頭皮で穴を空けて育毛剤を導入するという方法は美容皮膚科がプチ整形から波状して頭皮にも使用していますが日本の美容皮膚科のような学会ではなく、根本的な毛髪学(Trichology)を研究する医療関係者の間では近年、外科的に注射や特殊針で頭皮に穴をあけて、有効成分を投与する方法に疑問があがっています。

顔のシワやシミの場合には皮膚の奥底にある基底層や筋肉までボツリヌス菌やプラセンタを投与しなくてはならず、雑菌などが侵入しない為のバリアゾーンを通り抜け、成分が到達しなくてはいけません。

ですが頭皮にいたっては皮膚のすぐ下には頭蓋骨がありますし育毛に関しては通常の注射針やダーマローラーのような特殊針を用いて頭皮(皮膚)に多数の穴をあけて導入しなくてはいけない成分は限られており、ミノキシジルなどの血行促進成分を極小の針で皮膚に穴を空ける際に、毛根に血液を供給する毛細血管も穴だらけにしてしまいます。

水が通っているホースに針で複数の小さな穴を空ければ当然ホース内ほうが水圧が高く、中を通る水が穴から噴き出る量のほうが多く、外からどれだけ液体をホースにかけてもホースの中に入ることはありません。それであれば皮膚や毛細血管に穴を空けて、ミノキシジルを投与しても血管内に入らなければ血流改善の効果は得られません。

さらにミノキシジルの場合はメソセラピーのような方式で皮膚に導入するよう開発されている育毛剤ではなく、血行促進成分などの刺激成分が頭皮にカブレを誘発したり、防腐剤などが配合されているような育毛成分を安易に皮膚に導入するのは逆効果になる恐れがあります。

それ以上に毛乳頭に血液を供給する毛細血管は通常の血管のような太さはありません。さらに注射針やダーマローラーよりも遥かに細く針で穴を空けようとすれば毛細血管が断絶します。

グロースファクターの場合には毛細血管ではなく皮膚に作用することで効果を上げますが極小針で穴を空けて、皮膚に浸透させるという行為を毛髪学の専門医療ジャーナルである、Internationl Journal of Trichology では毛髪に付着した汚れや埃による衛生面の維持の難しさや化膿するリスク。毛髪があることでの通気性の悪さによる開けられた穴の回復力の悪さが海外の毛髪学の専門医から疑問が上がっています。

育毛の為のメソセラピーの使用において安全性や効果が治験が行われておらず、データによって証明されていない中で本当に有効な育毛医療の一つであるかは疑問があるとの記事を発表しています。

そこで他の選択肢としては育毛病院などが近年育毛サロンに変わって育毛医療を提供しています。ですが使用されている服用薬のプロペシアやミノキシジルタブレット。

現在世界的に育毛効果が医学レベルで各国の医療を管轄する省庁が認可しているものはミノキシジル、フィナステリド、低出力レーザーです。これらはそれぞれの国の医療基準をクリアした育毛法です。このような成分や育毛法を開発した海外は日本とは違い、30年以上前から医療研究機関や医師が育毛の研究や治療を行っていました。

日本ではリーO21やアデOンスのような民間育毛会社が事業展開していたことで医師が育毛治療をする概念が欠如しており、研究も殆ど行われていませんでした。それがミノキシジルやプロペシアが海外に遅れ、日本でもこの数年使用されるようになりましたが育毛薬として認可が1国もされておらず、血圧降圧剤としてしか認可されていないミノキシジル服用薬や海外では前立腺肥大や前立腺がんの手術前にのみ処方が許されている高濃度フィナステリドを育毛薬として処方していますが他国では一切行われていない治療法です。

注射器やマイクロニードル(ダーマローラー)を使用して育毛剤を頭皮に導入する手法もその安全性や効果が実証されていないという理由で育毛医療の先進国である学会などは安易に使用しないよう発表していますが日本ではそれらの方法が最先端の育毛医療だと紹介している育毛医療機関がほとんどです。

薄毛に悩む方で医療レベルでの治療を希望される方がミノキシジル(外用薬)やプロペシア(1mg以下のフィナステリド製剤)といったものが日本でも認可されたことで関心が高まり、治療を受けておられますが日本の多くの育毛専門病院で行われている育毛治療は海外では未承認であったり、育毛薬として転用をしないように通達が出されている手法の治療が提供されています。

美容皮膚科などが経営母体となっているだけに多少のリスクを患者が追うことになっても仕方がないと考える傾向があるようですが世界的に医学的育毛効果が認可されているプロペシアも現在では副作用や後遺症が報告されており、海外では集団訴訟や患者会、プロペシアの主成分であるフィナステリドの後遺症を研究する研究財団が設立されたほどです。


育毛病院が提供している育毛メソやミノキシジルタブレット(正式名 ロニテン)、プロペシアの問題点についてより具体的な情報を過去に同様の質問をいただいた方へ回答していますがその中で各項目の内容を知恵ノートにまとめています。その知恵ノートを踏まえながらした回答が以下となるのでぜひ参考にしてください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312923576...

医師がそのようなことを理解しないまま、処方や治療をするわけがないと思われるかもしれませんがロニテンが日本で処方される場合に検査や併用薬を処方しているのを聞いたことがありません。元々は血圧抑制剤であり、この薬を開発した海外では試験的に育毛で処方されたのはわずか二年で米国食品医薬局(FDA)は効果に対してのリスクが高いことから処方を禁止されたことはご理解ください。

髪の薄い頭部に対し、育毛成分を塗るよりも飲む、飲むよりも打つ。そのような手法の変更によって効果がさらに高くなるのではないかと一般の方も日本の育毛医療関係者も考えているようですが30年以上の実績から海外では効果や安全性の面から安易な服用や針を使っての投与は危険だと発表しています。

精密な血液検査や安全な育毛医療を提供しているクリニックは東京の麹町にある毛髪専門外来ぐらいだと思います。もし関東方面でお住まいであればぜひ検索してみてください「ヘルスケアクリニック麹町」はロニテンやプロペシアを使用せず、高い効果をあげておられるクリニックです。

針を用いらない成長因子の育毛剤を導入できるノンニードルメソセラピーやミノキシジルやプロペシアなどのリスクを伴う育毛方法は一切おかなわない育毛医療が提供されている育毛クリニックです。

さらに一般的な疾患として甲状腺や亜鉛や鉄分不足。男性ホルモンや女性ホルモンの量など、一般的な育毛病院が行っている通常の健康診断のような血液検査ではなく、薄毛を誘発するような内容の血液検査を一般的な検査を含め受けられます。提供されている育毛医療も海外で安全かつ効果的な育毛医療で第三者機関や各国の保健省が育毛効果を証明している治療のみ提供しているクリニックです。

安易に服用薬や注射針などを用いた育毛剤導入法を推奨している育毛専門病院にはいかれないほうが良いと思います。


ミノキシジルやプロペシア以外の育毛方法でAGA型脱毛に育毛効果が確認されているご自宅でも育毛ケアができる低出力レーザーといった医学的に育毛効果が認められている育毛法があります。

低出力レーザーは一般的な医薬品でも行われるテストとして二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)によりAGA型脱毛への育毛効果が確認され、ミノキシジルやプロペシアについで初めて認可され、現在では96カ国以上で認可されています。

日本では低出力レーザーの育毛効果があまり知られていませんが2010年に認可されてからもそれを裏付ける研究発表がいくつもされていますがプロペシアではDHTの影響を抑制するとされていますが低出力レーザーはATPの増加も確認されており、抜け毛の抑制や髪のハリの改善だけではなく、髪が生えだすという効果まで確認されています

年6回発行されるAmerican Journal of Clinical Dermatology (米臨床皮膚医学ジャーナル)の2014年の最新号にも低出力レーザーの育毛効果や臨床データが紹介されています。世界でも権威のある臨床皮膚医学ジャーナルです

FDAに認可された低出力レーザー器はプロペシアの代替案としても推奨させるようになりました。


ハーバードメディカルスクールの可視光線医療専門のウェルマンセンターマサチューセッツ病院が低出力レーザーのAGA型脱毛や円形脱毛症に対しての育毛効果についての学術発表が行われ、髪の生成が活発化されると結論を出しています。

全米皮膚科学会や国際毛髪臨床学会(ISHRS)は世界中の育毛に携わる専門医が所属している学会でその中でも低出力レーザーについては育毛効果を学会HPに掲載しています。

高濃度ミノキシジルやミノキシジルタブレット。プロペシア以外にも育毛法があることや副作用や後遺症の問題点。現在日本で提供されている育毛医療の問題点や最新の育毛情報を知恵ノートでも書いていますがご興味があればプロフィールをご覧いただければ一つずつ検索いただくよりも過去の別の方にした回答や知恵ノートをご覧いただけます。

http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_note.php?writer=kaminon...

それか以下のURLのyahooプロフィールをご覧いただければ過去に回答で参考が参考になると思います。

http://profiles.yahoo.co.jp/-/my_profile/?sp=mqufOCM6eqvjgm_rnvStX1...

HARGが効果がなかったといえ、諦めることはありません。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる