ここから本文です

MCトランスを使いレコードを楽しんでいる者です。先日スピーカーに過電流が流れて...

rio********さん

2014/12/2920:26:14

MCトランスを使いレコードを楽しんでいる者です。先日スピーカーに過電流が流れてしまいました。原因は昇圧トランス側のゆるみである事は確かです。

(ピンコードが奥まで差し込まれてない状態)
そのときのアンプのボリュームは10:30位でした。
突然スピーカーの両方からブウーと言う音が出たので(2~3秒ぐらいだったと思います。)
慌ててボリュームを下げました。トランス側のコードを深く差し込んだら音はで無きなりました。
その後スピーカーの音に変化が起きたような気がしてなりません。高音部に歪み?ざらつき?
の様なものが感じられるのですが。
この様な場合スピーカーにどの程度の影響があるか心配です。音が出たことによる
先入観から来るものであれば良いのですが。オーデオに詳しい方教えて頂けませんか。
アンプはラックス L-570 スピーカー 、アーデン MC昇圧トランスはオルトホン
T-20です。
どうぞ宜しくお願い致します。

閲覧数:
124
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tar********さん

2014/12/2922:12:43

一般的には全く影響は出ません。アーデンの連続耐入力は85Wで、ピーク耐入力はもっと大きいはずです。L-570の出力は50Wでこれは無歪みの値ですが、方形派になるほど歪んでも数十W程度でしょう。むしろ、スピーカーが壊れるほどの大音量であったら耳が大丈夫かどうかを心配した方がよいです。

しかしアーデンは1980年代のスピーカーですので、劣化していてダウン寸前のところに大きな音量が加わって壊れてしまったという可能性は否定できませんね。まずは、コーン紙などの外観をチェックしてみることです。

  • tar********さん

    2014/12/2922:42:01

    ちなみに、スピーカーが壊れるのにはいくつかのパターンがあります。最も短時間で壊れるのは、ボイスコイルがギャップから飛び出して元に戻らなくなったり、エッジやダンパーやコーン紙が破れてしまうような、メカニカルに壊れる場合です。これは目視で異常が分かります。音の数波程度で壊れますので0.何秒かで飛びます。

    そこまで行かないが大きな電流を流し続けた場合、ボイスコイルの発熱でコイル焼き切れたりボビンが変形したり接着が外れたりします。しかし、これは熱が伝わるためにある程度の時間が必要なので数秒以上の時間が必要です。
    また、プラグが抜けかかっていたことによるノイズはハムといい電源周波数(50/60Hz)なので、この周波数帯のスピーカーのインピーダンスは非常に高くなっているのであまり大きな電流は流れません。メカニカルにも壊れた後さらに電流を流し続けてずっと待つというようなことをしないと、こうなる可能性は少ないです。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2014/12/30 17:06:35

DM502s2さんからも指摘を受けましたが、ボイスコイルがギャップから飛び出して元に戻らなくなったコーン紙やエッジにメカニカルに壊れる場合が気になりました。今回は専門的な詳しい回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dm5********さん

2014/12/3001:33:54

本当に高音域にひずみを感じるのであれば、ハム音+高域の発信音が発生して、コアキシャル(同軸)のツィーターのボイスコイルが損傷している可能性があります。

過電流で、ボイスコイルの絶縁材が焼けてポールピースとこすって当たっているガサ付音かもしれません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる