ここから本文です

知っての通り車は右側が運転席、なぜ電車は左側なのでしょうか?

kawasakifullさん

2008/1/115:51:37

知っての通り車は右側が運転席、なぜ電車は左側なのでしょうか?

閲覧数:
4,035
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

maidf710さん

編集あり2008/1/118:53:21

日本の鉄道はイギリスからシステムや車両を導入してスタートしました。
この時イギリスの方式に習い、進行方向左側に乗降用プラットホームを設置するのを
標準とする と定めました。

当初の鉄道の本線は単線でしたが、終端駅や対向列車が行き違いする駅では複線
以上の進路を設け、進行方向左側の進路を定位とする と定めました。

この当時の機関車は、立位で運転操作する構造で機関士の席位置は明確ではあり
ませんでしたが、機関車構造が改善されて着席運転できるようになると、タブレットや
スタフと称する次駅までの運転許可証の授受や運転指示・合図を駅長から受ける
ため主たる機関士の席は左側に設置されるようになりました。

その後、昭和の初期ごろまで、電車や私鉄機関車などでは、右側運転席や真ん中
運転席が混在していましたが、機関士(運転士)と助士と2名で乗務する時代だった
ので、左右どちらでも支障は有りませんでした。

戦後、「信号機・標識・合図器は、進行方向線路の左側に建植する」と、法令で
定められた事と、機関士・運転士の一人乗務が推進されるに従い機関士・運転士席
は、左側に統一されました。

ちなみに法令や規定では、運転士席は列車の前頭に有れば良く、左右の定めは有りません。

現在でも特殊な小規模鉄道・軌道では真ん中・右側運転席。貨車などの入換え運転に
多用される小~中型ディーゼル機関車では、前進後進の切り替えが頻繁なので、これ
に便利な横向き運転席が存在しています。

自動車は、障害物や路上駐車を避ける場合に対向車線および右側車線へ、はみ出す
ので、視界確保のため右側を標準にしている と、教習所で教わりました。

質問した人からのコメント

2008/1/2 07:12:56

感謝 詳しく説明していただき、ありがとうございました。とても勉強になりました。また、何かあれば質問します。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nyasyumenさん

2008/1/122:31:23

やはり多くの方が言うように昔の慣習から来る部分が多いんでしょうね。
SLの時代は必ず左側に信号設備を設置したかもしれませんが、現状の路線では視認を重視しているので(SL以外はどちらも確認できる)絶対左に設置するという事ことはありません。事実カーブではカーブ外側に信号が設置されてますからね。強いて言えばSL時代でも信号機は右側にも設置されてました。ただ視認しやすいよう高く設置されてましたが。

信号の設置場所はその場所によってひとつひとつ設置作業が違いますから改善策が迅速に反映されますが、車両は設計図に基いて量産されますから余程右側運転台のメリットが認められない限り慣習どおり左側に設計されます。

ceeda4528さん

2008/1/118:25:05

日本は左側通行ですから、鉄道信号や標識は左側に置かれます。
ですから、左側のほうが効率がいいのです。
鉄道は信号で運行されますから。
自動車は、対抗車両を意識しないといけませんから、右側に運転席を置くのです。

ちなみに仙台の地下鉄は右側。
路面電車はバス等などと同じで、左側から客を乗せて運賃授受するので、左側スペースを空けるため右側運転台が多いですね。

hiahiroさん

2008/1/117:06:39

以前にも同様な質問があったようです。参考にして下さい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q148807049

2008/1/116:20:57

日本の車の運伝席が右側にある理由は,日本が左通行の国だからです.右側に気をつけなればなりませんから.海外は逆です.
車も電車も,安全上の理由を考慮した上で,そうなったのでしょう.

sgi_515_2109さん

2008/1/115:55:30

電車が左側走行をしており、ぷラットホームに停止するとき、左側のドアが開くことが多いので、客の乗降確認しやすいようにと、駅での発進の合図を確認しやすいためではないでしょうか よく分かりませんが。マニアの方のご意見を伺いたいです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。