ここから本文です

生命保険の見直しについて どなたかアドバイスをよろしくお願い致します。

sor********さん

2015/2/1512:29:05

生命保険の見直しについて
どなたかアドバイスをよろしくお願い致します。

私は30代独身なのですが、
今加入している生命保険(ニッセイ終身保険・重点保障プラン)の
更新時期がきて転換を勧められています。
勧められている保険はニッセイのみらいのカタチです。


ニッセイ【みらいのカタチ】

総受取額 1100万
死亡 終身保険 一時金100万
死亡 定期保険 一時金 100万
三大疾病 一時金 300万
病気ケガによる身体障害 一時金300万
要介護状態 一時金300万
骨折・関節脱臼・腱の断裂 1回/50000円
病気、ケガで入院 一時金 1回/50000円・日額10000円
(女性特定疾病倍額型 日額 20000円)
がんを直接の原因とする入院 日額10000円

70歳指定年齢
45歳・55歳更新
45歳以降 16500円

月額 12500円くらい



以上です。
気になるところは

○3大疾病は300万で足りるのか?少し増やした方がいいでしょうか。
○他になにか増やしたり減らしたりした方がいいところがないか?


というところです。
自分なりに調べてみたのですが、保険の切り替えは初めてなのでよくわかりません。
わかりにくくて大変申し訳ないのですがアドバイス頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

閲覧数:
342
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a09********さん

2015/2/1513:54:54

なんだかよく分からない保険に加入してますね。
国内生保で一番ダメと言われる「定期付き終身保険」のパターンだと思われます。

そもそも私は国内生保の「転換」というのに大反対です。
理由は「言葉のマジックを上手に使い、契約者をだましている」と思うからです。
まず保険会社が「転換」と言う行為は「現在の保険を解約し、解約返戻金を次回加入する保険の前払い保険料に充てます」って事です。
解約返戻金を保険料に充てるのでパッと見は保険料が安くなる場合もあります。
しかしそこが落とし穴です。月々の支払いは安くなっても(前払い保険料を含めた)総額は高くなってる場合がほとんどです。

要するに転換は、「今乗っている軽自動車を売却して、売却した中古車ディーラーから全く同じ中古車を購入する」様な物です。
売却額>購入額なんてことはありません。
仮に保険を見直す場合でも、今加入している終身保険だけは残しておくべきです。


そして提案されている保険についてですが、保障なので主さんが必要と思える内容で支払いが無理のない程度であれば問題ないと思います。
しかし更新型はおすすめしません。
だって更新のたびに保険料が劇的に増えていきます。
65歳の更新の時は月3万円を超えるかも知れませんよ?退職後でそれだけの支払いを続けられますか?出来れば働いている間に支払いが終われる様に、終身保険の60歳払い済みにしておくのが良いと思います。(もちろん月々が支払える範囲内であればですが)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

mud********さん

2015/2/1521:18:58

みなさんの意見をまとめると以下。
①今までの保険の終身という部分を残し非更新とする。(おそらく2000円くらい?確認してくださいこの部分が500万で5000円以上の人もいます。)
②残ったほうの予算で三大疾病=定期で70歳300~500万または終身300万など新規で作ってもらう。
がん一万円入院日額終身医療5000円の女性倍額70歳までまたは終身その他。パソコンで目の前で作ってもらうと良いですよ。

女性12500円の予算では、死亡保障を最低限とし長い期間のものでいいのができますよ。

しかし、定期とは定期なりのよさがあります。一定期間保障が高く安いということです。
最初から終身終身、後で高くなる、などとすぐに皆さんいわれますが一万円の定期医療保険を45歳で5000円日額にして、終身にすれば保険料は上がりません。
金がないので一万円の日額の終身には加入できない。子供が小さく日当仕事でやっている、だから入院日額や手術費用は多くほしい・今は定期でもよいから、という場合もあるのです。

女性独身でしたら、もしも転換にする場合は解約金(+下取り価格)は「終身部分に充当」選び、希望の保険内容で継続がおすすめです。
どうぞご参考までに。

ari********さん

2015/2/1515:27:18

なかなかご立派な保障内容ですね。

自営業の方ですかね?

会社員だとしたら随分とボラれてますね。

漢字生保で作ってる特に第3分野に単品商品は結構良心的ものもありますが、生保レディをテキトーに洗脳して売らせてるパッケージ商品はろくなモノがありませんね。

それでも良いなら三大疾病保障を500万円位に増額してみたら如何でしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

辻畑 憲男さんの写真

専門家

2015/2/1513:31:27

この保険ですが、更新タイプなので更新のたびに再契約になり保険料がUPします。
保険の必要性が高まったころに保険料が高くなり支払えなくなる可能性があります。

まずは保険の加入目的を良く考えましょう。
まず1100万円の死亡保険金額は何のために加入されていますか。
ご両親がほしいといっているのですか。
そうでなければ、独身女性の一般的な死亡保険の加入目的は親に金銭面で迷惑をかけないための葬儀費用ぐらいではないでしょうか。
そうすると死亡保険金額としては200万円~300万円ぐらいでいいのではないでしょうか。保障期間は人間いつか死ぬのですが、いつ死ぬかわからないので一生涯にしましょう。

他に独身の女性が必要な保障は入院時なのどの保障になります。
ただ、心配だからと特約(オプション)のオンパレードにしてしまうと保険料が高くなるので、預貯金とのバランスを考え検討しましょう。
医療保険の考え方は、下記の通りです。
1、入院給付日額をいくらにするか。
2、一回の給付日数限度を何日にするか。
入院が短くなっているので60日ぐらいでいいでしょう。
3、何かの病気のときに多く給付がほしいかどうか。
例えば3大疾病、女性疾病、がんなど

3大疾病特約ですが、多くの会社の3大は「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」ですが、数社は「がん」「脳血管疾患」「心疾患」になっており給付範囲が広くなっている会社があります。

女性疾病特約についても同じ名前でも内容が違っています。よくチェックしてください。

介護については、まだ30歳ですので確率から考えると今から加入しなくてもいいとは思います。

医療などについても保障期間が一生涯のほうがいいでしょう。

専門家プロファイル 専門家プロファイル(外部サイト)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる