ここから本文です

今日の柏レイソルの試合を解説してください。

chi********さん

2015/2/1722:38:58

今日の柏レイソルの試合を解説してください。

閲覧数:
76
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tyk********さん

2015/2/2116:50:27

吉田レイソルの初陣。
立ち上がって1ヶ月のチームですが、かなり出来が良かったと思います。
ネルシーニョのサッカーを引き継がず、全く新しいやり方でやってますが、このサッカーをユース年代で学んできた選手が多いのが要因となっているでしょう。
見た限り、ポゼッションサッカーというより吉田監督の言う「相手を破壊するサッカー」というのは納得でした。ワンツー、ロングボール、ドリブルと多彩な攻めが出来ていたので相手の組織は完全に破壊されていたと思います。

一方で課題も見えました。決定力と守備力です。
決定力は相手がサイドを捨ててでもゴール前に何人も人を置いていたのもありますが、選手の試合勘、コンディションの問題だと思います。レアンドロや工藤、クリスティアーノのコンディションが上がれば結構点が取れそうだと感じました。
そして、一番の課題は守備です。もちろん、これもコンディションの問題もあるでしょう。しかし、アンカーの茨田や両SBが高い位置を取るため、CB二人で守らなくてはいけない場面があることなど、システム的に守備が脆いように思いました。ここは、CBがいかに遅らせる守備ができるか、全体として守備への切り替えを早くできるか、不用意なボールの失い方をしないかなど詰めていかないといけないですね。

現段階で、この仕上がりなら上々でしょう。
ネルシーニョのリアクションサッカーと真逆の、ボールとスペースを支配するサッカーに転換したのですから、ここまでやれるとは思いませんでした。
毎年ネルシーニョ時代のこの時期は、見るも無残なサッカーでしたし、出来たことと出来なかったことがくっきり見えたので良かったと思います。

それからチョンブリに関して、色々なところで格下だとされてますが、その認識は改めるべきでしょう。
今やACL出場国のなかでJリーグは金銭面では底辺です。ここに関してはタイのクラブよりも下です。
あちらはタイ代表、韓国代表選手に加え、ブラジルでも実績のある選手を要していましたから決して格下ではないと思います。実際にACLでJクラブを倒した実績もありますから。

そういうことを踏まえ、吉田レイソルは初戦にして、あれだけの相手に50本以上シュートを放ち、ほとんどの時間ボールを保持し、結果的には勝てたので合格点をあげるべきだと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fc_********さん

2015/2/1817:07:48

柏レイソル V.S. チョンブリ(タイ)

前半8分
レイソル 武富
前半10分
チョンブリ レアンドロ・アサンプカン
後半13分
レイソル レアンドロ(PK)
後半20分
チョンブリ クルークリット
延長後半11分
レイソル レアンドロ

スコア
3-2
レイソルの勝ち。

警告
レイソル
前半17分 武富
チョンブリ
前半34分 チョンラティット・ジャンタカーム
前半44分 チョビングク
後半7分 アンデルリン
延長後半9分 スラウィッチ

解説じゃなくてすいません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる