ここから本文です

大学の卒業式で、女子学生が「はかま」をはくようになったのは、いつからでしょう...

mt0********さん

2015/2/2719:15:23

大学の卒業式で、女子学生が「はかま」をはくようになったのは、いつからでしょうか。

きっかけになった大学はあるのでしょうか? 同じ質問をファッションのカテゴリーでも出しています。

補足はかまの歴史ではなく、

近年の大学の卒業式に、女子学生がはかまをはくように、はやりだしたと思います。

昔の女子学生は、大学の卒業式では、はかまははきませんでした。

何かのキッカケで、大学の卒業式で女子学生がはかまをはくようになったのだと思うのですが。

閲覧数:
929
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

amu********さん

2015/2/2722:44:46

◆質問者様の言われるように、明治・大正・昭和初期は別として、
戦後はずっと、
「女子学生は卒業式には、普通のワンピースやブレザー&ブラウス&スカート」
などを着て出席していました。
◆1960年代末~1970年代初めの学園紛争期には、卒業式が粉砕されたり、中止に追い込まれたりして、女子学生の卒業式ファッションなんて、話題にもされませんでしたし、「飛んでる女性は、卒業式なんて、ダサいので出ない」という風潮もありました。
◆この状況が変化したのは、学園紛争が沈静化し、「特に女子大などで、卒業式+恩師との謝恩会が普通に行われるようになった1970年代後半以降」でした。

◆当時、少女マンガで「はいからさんが通る」
作者:大和和紀、掲載誌:週刊少女フレンド (1975年~1977年)
が、大変人気を得て、
テレビアニメ化(テレビ朝日系、1978年~1979年)
テレビドラマ化(関西テレビ、1979年)
映画化(東映、1987年、南野陽子が主演)
ここで、戦前の跡見女学校の女子学生のキュートで凛々しい
「袴姿」の主人公が、若い女性のハートをつかみました。
◆また、さらに、NHK朝ドラ『ハイカラさん』(1982年)の影響もあり、
1970年代末以降の、豊かになった日本社会で、
・女性の大学・短大進学率上昇や、
・少子化で、親が自分の娘の服装に金をかけだした事
(・・・成人式の「晴れ着」と大学短大の卒業式の「袴」)
・和服呉服業界の商売戦略
を合わさって、1980年代以降、だんだん、女子学生の袴姿は定番化し、
1990年代以降は、むしろ洋服姿での卒業式参加が珍しくなっていきました。

⇒結論的には、1970年代末から始まり、1990年頃には定番化。
ただし、どこの女子大がブームの発端と、はっきりとはしません。

質問した人からのコメント

2015/3/6 07:06:00

ありがとうございます。

「ハイカラさんが通る」がきっかけですか。

「大学の卒業式はいつ」の検索結果

検索結果をもっと見る

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

si7********さん

2015/2/2721:49:14

卒業式というより、明治時代の女学生(もっとも、この時代には女性は
大学進学は原則不可能でしたので、女子高等専門学校(現在の
お茶の水女子大学や奈良女子大学など)や、高等女学校(現在の女子高校の
前身)の学生さんや生徒さんになりますが)は、制服または私服でも
通学服として袴を着用していました。
その名残が卒業式に残っているのだと存じます。

http://www.kariginu.jp/hakama/history.htm

上記サイトによると、華族女学校(後、学習院に統合)または
跡見女学校が嚆矢のようです。

袴姿の例↓
https://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2013/12/articles/131...

上記サイト中、袴姿の女性のモノクロ写真がありますが、この方は
私の出身学科の大先輩でもあります。

女子学生の袴姿は、日本の教育制度が男女不平等だった時代に学んだ女性の
心意気を現在にまで伝えるものだと私は思っています。
今の学生さんもその歴史をしっかり認識してもらいたいものです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる