ここから本文です

むち打ち後遺障害等級14級非該当の異議申し立てについて、アドバイスお願いします...

kat********さん

2015/3/120:00:35

むち打ち後遺障害等級14級非該当の異議申し立てについて、アドバイスお願いします。
治療期間1年弱で診断書を書いてもらいましたが(首の痛みとコリ)、14級非該当ということでした。

慰謝料について裁判基準で請求したいので弁護士を付けることにしました。(弁護士特約)
後遺障害についての異議申し立ては難しいとのことですが、こちらもだめもとでやってみましょうということになりました。
直後はレントゲンのみ。どうしても痛みが治らないため、事故後1年経った頃に医師に頼みMRIを撮ってもらいました。
その結果が、「C2/3-C5/6、Th1/2椎間板の軽度変性あり、C4/5では後方膨隆が見られる。そのほか顕著なtraumaticspurや軟部組織に外傷性変化は認めません。」とのことでした。
診断書に、症状に関して事故との因果関係についてははっきり書いてはくれませんでした。「痛みが続いていると本人が訴えている」というようなかんじでしか書けないと言われました。
MRIを見ても特に大きな外傷はないとのことです。その他椎間板?が真っ黒なのは年齢による老化現象とのこと。(これに関しても納得いきません)
保険会社からの非該当についての所見は、「首にかけての張り痛みコリの症状については、レントゲン及びMRI画像からは外傷に起因する骨折等の明らかな異常所見は認めがたく、その他診断書等からも、症状の裏付けとなる客観的な医学的所見には乏しいことに加え、その他受傷形態、症状経過等も勘案した結果、将来においても回復が困難と見込まれる障害とは捉えがたいことから、該当しないと判断します」とのことした。
もうこれ以上今の医師にお願いするのは難しいので、一応別の首の専門の病院へ受診することにしています。
異議申し立てについては上記をもとに、私はまず何をしたらいいのでしょうか?
(1)症状の裏付けとなる客観的な医学的所見、(2)その他受傷形態、症状経過等も勘案した結果。この二つに関して、具体的には何がいけなかったのか?どうしたら打破?証明?できるのでしょうか?
アドバイスお願いします。

閲覧数:
2,189
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bs1********さん

2015/3/205:45:39

椎間板は正常であれば白く写ります、椎間板が真っ黒なのは、その変性が径年生の変性である「外傷性」でない裏づけとなります。

これは主治医からも説明があったと思いますが、定説です。つまり椎間板の変性、後方膨隆は既往症であり、事故前からのものとなります。ただその変性所見が事故前からの物であったとしても、事故前に自覚症状がなかった」発症したのは事故の外力」である事も事実でしょう。
そうであれば、素因があっても後遺症として認定されても良いとお考えになるでしょうが、自賠責保険の認定基準には素因減額と言う考え方は無く、異議申し立てを行なっても認定される可能性は極めて低いでしょう。

14級9号相当の後遺症が事故外傷で発症、残存したと裁判所に損害賠償請求する方法がありますが、仮に認められても素因減額される可能性もあります。そのあたりを弁護士に相談してみましょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる