ここから本文です

仕事をしながら弁理士を目指すには?

hide192610さん

2008/1/1315:59:41

仕事をしながら弁理士を目指すには?

弁理士になろうと思っています。しかし、まだ弁理士の知識は皆無の状態で今は弁理士とは関係ない仕事をしています。 仕事をしながらだとどのように勉強していけばよいかどなたか教えて頂けませんか?

閲覧数:
3,789
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ecohimetaroさん

2008/1/1801:58:52

基本的には
①条文の読み込み+②過去問題+③受験機関での演習です。

①は、いわゆる「基本書」と呼ばれている青本(逐条解説)や法令集を購入し、受験機関の演習に使いながら自分でも空き時間に読み込んで理解します。
②は、特許庁HPにあります。最低過去5年分の過去問はどの受験生でもおさえているでしょう。
③は、①の読み込みだけではなく、試験でアウトプットできる能力をつけるため、LEC・早稲田セミナー・代々木塾等の受験機関を利用します。

独学で合格できる人は殆どいません。受験機関を利用しつつ自学するスタイルがほとんどでしょう。仕事をされている場合、受験機関に夕方通学するか(土日もある程度講座があります)、もし通学が無理なら通信講座を受講します。もちろん通学と通信を組み合わせることも可能で、そういう受験生も多いでしょう。

弁理士専門の受験機関は東京・大阪・名古屋等の大都市に集中しているため、地方にお住まいの場合は、通信講座のウェイトが高くならざるをえないですね。通信講座の場合、全国どこでも受講可能です。しかし反面、通信講座の場合、ライバル受験生が見えない、独学と同じ独りよがりな学習に陥りがち、本業の仕事の忙しさに負けそうになる、という欠点がありますので、もし質問者様が大都市に御住まいの場合、短期合格を目指されるのなら1つや2つでもいいので通学して座学の講義を受けられることをお勧めします(私は理由合って通信講座のみで合格しましたが、座学に通っていたならもう1年早く合格できたのでは、という感じがしています)。

また、選択科目は免除ですか? 選択科目は意外にネックになりますので、もし受験しなければならない場合、大学時代に使っていた専門書のようなもので勉強するか、選択科目免除になる資格を弁理士資格よりも先に取得して(情報処理一級とか。選択科目免除にしたいがために該当資格を先にとる受験生は結構多いようです)免除を狙うことも大事です。

一度、LECや早稲田セミナーのHPにアクセスして、資料請求されたらどうでしょう。
たぶん無料で資料を送ってくれますよ。「2年合格講座」とか、スタンダードな講座のセットが載っていたりしますので参考になりますよ。

質問した人からのコメント

2008/1/18 13:03:24

成功 回答ありがとうございます。大変参考になりました。
仕事(IT系)と両立して目指してますので、情報処理を取得して科目免除を狙う手になりそうです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。